FC2ブログ
2018年09月17日 (月) | Edit |
リュカオンの末裔
オメガバース・紡ぎの運命
/ 水樹ミア




オメガがアルファに支配され、アルファの子供を孕むための道具のように王宮で管理されている白国。 成人しても発情期が訪れないシアは、 子を産めない「役立たずのオメガ」として王宮の外に捨てられ、青年医師イズマに救われる。

このお話は白国と黒国があり、アルファ・オメガ・ベータで暮らす状況が全く違います。
白国のアルファとベータとの関係や、オメガが保護を名目に月の宮という場所に集められ、色々なアルファとの子を孕むためだけに生かされている環境に気持ち悪さを感じました。
16歳になってからのシアへの扱いも酷く、その場面は辛いです。ついには城の外へ放りだされてしまいますし…。
シアがイズマに助けられてからは甘々な雰囲気が多く、黒国の人たちも明るく優しいので読みやすいです。
白国のサウロも、幸せになってほしいなぁ。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック