FC2ブログ
2018年07月13日 (金) | Edit |
漫画家、パーキンソン病になる。
/ 島津郷子




休載を余儀なくされ、ドクターショッピングの末、ついにパーキンソン病と診断。入院や薬物療法から、脳への電極埋め込み手術を受けるまでを余すところなく描いた渾身のエッセイ。

パーキンソン病と診断されるまでが長く、身体も心も大変な状況と周りの人たちの反応などが赤裸々に綴られています。
自身の経験からも、やはり誤診は身近によくあるものだなぁ~と…。症状のよく似た病気は多いので、仕方がないのでしょうが、医者の言うことを、あまり鵜呑みにしすぎるのも良くないかもですね。
とても辛い状況が長いのですが、読みやすく描かれていました。
同居人のカイ君が、なんだかんだとずっと傍に居てくれたのは安心しました。作者と同じ期間、仕事をしてないってことはアシスタントなのかな?
ただ、主人公がとても若い雰囲気で少女漫画風に描かれていたのが、すこ~し違和感があります(^▽^;)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック