FC2ブログ
2018年04月09日 (月) | Edit |
万華鏡の花嫁 / 鹿能リコ



二十歳を迎えた日。大学生の千尋は呪術を生業とする一族が住む孤島へと連れ去られてしまう。そこで告げられたのは、自分も能力者であること、そして三人の婚約者候補の中からひとりを選んでつがわねばならないこと…。

暗くなりがちなお話ですが、いきなり島に連れてこられた千尋が、万華鏡と分かってからも、漣に迫ったりと、前向きで明るい性格だったので読みやすかったです。
凪が千尋と漣を応援してくれたのも良かった!
その後の2人のラブラブな様子も描かれていたのが嬉しいです♪
漣のお母さんがとても気の毒でした…漣が頑なになるのも分かりますね…(T_T)
邦彦も可哀想でした…漣のお母さんが大好きだったんだなぁ~と切なくなりました。
照のお話もあるようなので、こちらも読みたいなぁと思います♪


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック