FC2ブログ
2016年09月07日 (水) | Edit |
木陰の欲望 / 暮田マキネ



「親友…あの日までは確かにそうだった。だけど今は、少なくとも俺は――。」裕福な家に生まれながら、身体の弱さゆえ田舎に厄介払いされた鼎。孤独だった彼を救ったのは、明るく健康的な庭師の息子・瑞季だった。

BLコミックです。
緑いっぱいに囲まれたかわいい二人の表紙がステキすぎます。中のイラストも丁寧で、表情がよく描かれていて良かったです。
女の子たちが出てくるのも面白かったです。BLだと全く女の子が出てこないものもあるので、出てくるとちょっと嬉しいです。
幼なじみの信二がいるのも安心しました。鼎があまりにも瑞季ひとすじなので…瑞季以外に友達が居るんだなぁと。信二もとてもいい人です。
鼎の表情が、切羽詰まってかなり怖い時がけっこうありますが、それもまた良いです(´▽`)
小さい頃の鼎がまた可愛いですよね~あんな執着愛の若者になるとは…(^▽^;)
瑞季がまたとっても優しい。途中、とても切なくて泣きそうになります。
ラストもステキでした(´▽`)
裏表紙にいっぱいあとがきを書いてくれているのが嬉しいです!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック