FC2ブログ
2016年07月22日 (金) | Edit |
書店ガール5 ラノベとブンガク
/ 碧野 圭




取手駅構内の小さな書店の店長に抜擢された彩加。しかし意気込んで並べた本の売れ行きは悪く、店員たちの心もつかめない。一方、ライトノベル編集者の小幡伸光は、新人賞作家の受賞辞退などトラブルが続く。

もう5冊目になるんですね!
今回は、店長に抜擢された彩加と亜紀のダンナ様の小幡伸光が交互に語るところから始まります。
書店や編集者の大変さがよく伝わりました。
彩加はまだ若いのにしっかりしてるなぁ~感心します。
二人が交わってからが面白いです。
彩加が、お店作りにバイトの子たちを巻き込んでいく様子も楽しかったです。
家族みんなに愛されてる田中くんにほっこりしました(´▽`)
読後感が素晴らしいですが、もっと読みたかったです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック