FC2ブログ
2016年06月27日 (月) | Edit |
うちの執事が言うことには 2巻
/ 高里 椎奈




面白いです。
普段、全く動揺することのない執事の衣更月が「御主人様が誰でも一緒」「御主人様はカエーでなくても良いのでは?」と実際、当主など誰でも良いと思ってるのに、人に指摘されると動揺してしまう様子が興味深いです。
今回は衣更月の視点で描かれている場面があり、鳳との出会いの場面もありました。
花穎の素直さがかわいい。けれど、それを巧みに実験として利用し、花穎を傷つけコントロールしてきたエインズワース。イヤな気持ちになったけれど、衣更月がやり込めてくれたのでスッとしました。
赤目の目的はなんなんだろう?何か花穎に恨みでもあるのでしょうか?
ラストはちょっと怖かったですが、次巻も楽しみです(´▽`)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック