FC2ブログ
2014年03月28日 (金) | Edit |
ジャージの二人 / 長嶋有



夏の終わり、仕事嫌いの父と、無職で小説家を目指す僕と犬のミロが山荘で過ごします。東京に残った妻には、他に好きな男がいて家にもあまり帰ってきません。写真家の父の三度目の結婚も危うそうで…。

淡々と、特に盛り上がる場面はなく、最後までゆるゆると続きます。
犬の散歩をしたり、買い出しに行ったり、廃校になる校舎を見に行ったり、素朴な毎日が過ぎていきます。
何も事件が起こらないのが、なんだかリアルです。
疲れている時に読むのにお勧めですね。
私はこういう雰囲気の本、けっこう好きです。深読みしなくていいし、そのままスラスラと読めるのが楽でいいです。
柴崎友香さんの解説も良かったです。

読み終わってから知ったのですが、この作品映画にもなったんですね(+o+)
正直、驚きました。本当にヤマもオチもないので、ドキュメンタリー映画のような雰囲気でしょうか(・_・;)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック