FC2ブログ
2015年09月19日 (土) | Edit |
唇にキス 舌の上に愛―愛と混乱のレストラン 3巻
/ 高遠琉加




シリーズ完結編です。
修司がフランスに居た頃のお話から始まります。
理人のゴルドへの執着、ヤガミグループの行方、理人と修司のすれ違い、叶本部長とサラ…なかなかの混乱ぶりです。

「ほ、本当はこんなことは言いたくないんだ」
「だから言いたくなかったんだ」
こんな言葉が理人らしくて好きですね~(*´▽`*)
他にもいっぱい好きな言葉があるんですけど…書いてたらキリないです…理人かわいいです。

叶さんはちょっと気の毒でしたけど…素晴らしい終わり方でした。
理人が食べ物をおいしいと思えるようになって良かった。
生きたいと思えるようになって良かった。
「ル・ジャルダン・デ・レーヴ」のスタッフたちも素晴らしく、温かい気持ちになる作品です。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック