FC2ブログ
2015年01月24日 (土) | Edit |
ロマンス小説の七日間 / 三浦しをん



あかりは海外ロマンス小説の翻訳を生業とする、28歳の独身女性。ボーイフレンドの神名と半同棲中だ。中世騎士と女領主の恋物語を翻訳しているところへ、会社を突然辞めた神名が帰宅する。

主人公のあかりの現実と、翻訳中のロマンス小説が交互に進んでいくという、しをんさんらしい独特のストーリー展開です。
ロマンス小説にはまっていた時があったので、どうしてもワンパターンな展開になってしまうことに、そうそう、うんうんと頷きながら、あかりの気持ちも分かるなぁ~と思いながら読み進んでいました。
途中、ヒーロー役のウォリックのありえない展開に「えっ?そんなバカな……」と、真剣にびっくりしてしまいました。
その後、えっ?創作しちゃったの?
ハッピーエンドが鉄則のロマンス小説では、絶対にないストーリー展開でしたが、創作しちゃった方の物語もあれはあれでちゃんとハッピーエンドでしたね。
一冊で2つの物語を楽しめてお得な感じです。
翻訳の裏話なども面白かったです。
しをんさんはロマンス小説も書けちゃうんですね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック