FC2ブログ
2021年04月07日 (水) | Edit |
小説家になろう
悪役令嬢(予定)らしいけど、私はお菓子が食べたい~ブロックスキルで穏やかな人生目指します~
/ 奏多


黒い噂のある伯爵家の令嬢だからと、孤立しているリネア。あげく婚約者は学院の召使いにご執心で……リネアは今後を思い、絶望していた。けれど誕生日にもらった花菓子を食べてから、世界は一変。変なスキル「ブロック」を手に入れる。

リネアは唯一の父親にも冷遇されており、婚約者アルベルトからは嫌われており、黒い噂のある伯爵家の令嬢ということで、学院でも孤立しています。
誕生日には、亡き母の弟・ヨアキム叔父だけがプレゼントをくれました。
それが聖花菓子です。それを食べたことで、リネアの運命が変わっていきます。
その聖花菓子を作ったのが、18歳という年齢ですでに公爵位を受け継いでいるラースでした。
リネアの境遇を知り、何から何まで親身になって助けてくれるラースのおかげで、リネアも周囲も変わっていきます。
とても良かったのですが、ラースの気持ちがもっと知りたかったです。
その後、2人はどうなったんだろう?
リネアの父の陰謀はもういいのでしょうか?
完結ですが、ぜひ番外編を書いてほしいなぁ。

★★★★

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック