FC2ブログ
2014年06月20日 (金) | Edit |
うそうそ / 畠中 恵



「しゃばけ」シリーズ第5弾です。
今回は長編でした。
若だんなが、湯治をしに箱根へ旅に出ます。
ずっと短編が続いていたので、今回も短編だと勝手に思い込み、その時はとりあえず切りのいい所まで読もうと思っていました。
ところが、物語が始まってすぐに若だんなは、手代の仁吉と佐助とはぐれてしまうし、宿に着いたとたん松之助と共にさらわれてしまうし、切りのいい所はありませんでした(^▽^;)
今回も鳴家、大活躍です。お獅子もかわいい(´▽`)
鳴家は小さいから、どこにでも若だんなにくっついていけるから便利ですね。
とても軽快で読みやすいですが、いつも誰か…人間もしくは妖のブラックな面が浮き彫りになり、決して楽しいだけの物語ではないです。
それが、「しゃばけ」シリーズですね。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック