FC2ブログ
2020年05月30日 (土) | Edit |
二代目! 地獄ブラザーズ
/ tacocasi




冥界で死者の罪を裁く10人の王さま・十王。その十王をそれぞれ父に持つ息子たちは、二代目王を継ぐべく日々修業中!お年頃"地獄の王子様"たちの恋模様!

絵もかわいくて、それぞれの恋模様が面白かった~(´▽`)
十王の息子たち、10人も居たらややこしいかなぁ?と思ったのですが、そんなことは無く、それぞれ個性があり、みんな仲良くて楽しかったです。
真面目な閻魔と、一途な宋帝のピュアなお話も好きだし、泰山と平等のお話もかわいいし、秦広と黒笠のお話も大好きです。
秦広が黒笠と出会ったことで、成長していく様子も良く、黒笠が300年もの呪縛から解放されたことも嬉しく感動しました。
描き下ろしの「衣装のゆくえ」も二人のその後を連想できて、とても良かったです。
意外と穏やかな地獄の世界観も素晴らしかったです。
まだ恋模様が描かれてない息子たちも居ますので、ぜひぜひ続刊お願いします。
とても気にいったので、tacocasi先生の他の作品も読みたいです!

★★★★★

2020年05月27日 (水) | Edit |
お気に召すまま仰せのまま
/ 樹 要




名門・四宮家の次男・光貴には、同い年の従者・崇臣がいる。 従者兼ボディガードの崇臣は、光貴の朝の目覚めから夜眠るまで、いつも一緒だ。ある日、クラスメイトからエッチの気持ちよさを聞いた光貴はためしに指を舐めてほしいと崇臣におねだりして……!?

お互いを大切に思ってるご主人と従者の関係っていいですね。
登場人物がみんないい人達で、穏やかに読めました。
素直で無邪気な光貴と、真面目で堅物な崇臣は、友達・丹羽のおせっかいもあり気持ちが通じ合います。
あっという間に読み終わってしまった気がして、もっとその後の2人のラブラブが見たかったなぁ。
光貴の兄・有貴とその従者・律の関係も気になるところでした(^▽^;)

★★★★

2020年05月23日 (土) | Edit |
恋するインテリジェンス 7
/ 丹下 道




今回は藍染さんと鶏楽さんCPのお話です。
バディ発表前の118期のそれぞれの様子が面白かった(´▽`)
春日さんてあんなんだったの?けっこうなクズ発言してます…「一人を除いて誰でもいける」発言してますが、木菜さんに既に何かやらかしてるようで…気になるなぁ。
聖前と桃月、柳と先森、千散と牛通堂、針生と眞御ちゃん等々、豪華な顔ぶれです。
「仮眠室をTCとBCに分けるか議論の元になった二人の日常」は、手を拘束されてしまった藍染さんがやられ放題でした(^▽^;)
登場人物が多くて、とても楽しいのですが見分けがつかなくなってきました~きっちりおさらいして、また楽しみたいです。

★★★★★

2020年05月20日 (水) | Edit |
コミックパーティ ワンダーラブ
/ 山野でこ




男だけどBL漫画家をしている雷蔵はひょんなことから同じく男でBL作家をしているTOSと知り合う。性格はリア充でイケメンだけど作風は闇BLで売れっ子の雷蔵に対し、作風はふわあまBLだけどコミュ障陰キャで人気はイマイチなTOS。なにもかも正反対な二人なのに…

面白かった~(´▽`)
最初の方では、とてもBLっぽくならないような2人なんですが…特にTOS先生が(^▽^;)
でも、雷蔵先生へのリスペクトがすごく、とにかく大好きなのは伝わりました。
あんな見た目と性格のTOS先生ですが、作風は可愛すぎて少女漫画とか言われてるし…
そして一方の爽やかイケメンの雷蔵先生は闇BL…そんな所も面白い。
TOS先生の友達・中田さんも大らかで楽しい。
お気に入りの漫画が増えました。続編も絶対読みます!

★★★★★

2020年05月11日 (月) | Edit |
カスタマスカレード(蜜愛篇!)
/ 瀬戸うみこ




大好きな「カスタマスカレードシリーズ」3巻目です!
最初から最後まで、面白くて楽しくて素晴らしすぎです(´▽`)
江藤さんにそっくりな、江藤母も登場しました~こちらも見事な二面性でした。
江藤さんは職場の人達とも打ち解けて、江藤さんと愉快な仲間たちみたいになってます。
成長した江藤さん、楽しそうで良かった。
今回は、世良と高坂が新しく登場し、色々と波乱もありましたが「シリアスクラッシャー」の江藤さんは、しっかり者の岸本さんとラブラブ甘々で、2人の愛に揺らぎなしですね。
本当に最高傑作でした(´▽`)

★★★★★

2020年05月09日 (土) | Edit |
イエスかノーか半分か (2)
世界のまんなか
/ 一穂ミチ




極端な二面性を持つ人気アナウンサーの計と、懐の深すぎる映像作家の潮。知り合って一年、些細な諍いは絶えないながら仲良くやっていたふたり。そんなとき計は「ザ・ニュース」の裏番組に出演するタレントの木崎が、自分のせいで旭テレビのアナウンサー試験に落ちていたことを知る。

2巻目も面白かったです(´▽`)
計はどんな仕事でも、とても真摯に取り組んでいます。
そんな計ですが、裏番組に登場する木崎を意識するようになり…その上、計が採用された年に、旭テレビのアナウンサー試験に落ちていたことを知ってしまい、気にしなくていいはずの相手に囚われてしまいました。
そして、現場取材の仕事ばかりまわされるようになり、ストレスと疲労困憊で…潮にも素直になれず。
そんな時は、竜起がいい仕事してくれますね。
計が記憶喪失になってしまい、半分だけの計になってしまったのは驚きましたが、そんな時でも、やっぱり計は潮の家に行くんだなぁとほのぼのしました。
とっても楽しかったので続刊もぜひ読みたいです。

★★★★★


2020年05月08日 (金) | Edit |
BARBARITIES II / 鈴木ツタ



続刊です。相変わらず読み応えがあり嬉しい。
アダムとジョエルの進展はほとんど無かったけれど、元通りの関係には戻れました(^▽^;)
新しい登場人物・過去に反乱容疑のあったサイモンがロラインに戻ってきました。ジョエルはサイモンに狙われているようで…かなり不穏な雰囲気に…。
番外編では、従者と家事長がなんとか2人をくっつけようと画策してるのも面白かったです。
最後にジョエルの髭がない姿も見れました。かっこよかった!
まだまだ続きそうですが…3巻で収まるかなぁ?

★★★★

2020年05月05日 (火) | Edit |
ワンルームエンジェル / はらだ



趣味なし、友人なし、恋人なし。生きる価値なし。 惰性で毎日を送っていたコンビニ店員の幸紀(30代)は、うっかりチンピラに刺され瀕死になった折、 遠のく意識のなかで、真っ白い羽の美しい「天使」を見たーーー

良かった…のですが切なかったです。
記憶の無い天使さん、かわいい。天使もお腹がすくんですね(´▽`)
お話が進むにつれて、天使の正体が分かってきました。
天使の過去は切なくて、幸紀の過去も切なくて、やるせないお話でした。
でも、ラストはハッピーエンド?でステキな終わり方でした。
★★★★

2020年05月03日 (日) | Edit |
その顔見たら、我慢はできない
/ 晴屋うまこ




イケメンで、スタイルも良くて、仕事も出来て、人当たりも優しく、笑顔も爽やかな松川。他人には言いたくないけれど、それもこれも積み重ねてきた努力の日々があるおかげ。だからこそ、みんなが羨む程の美形なくせに、見た目も人当たりも気にしない“結城(ゆうき)"の奴が目について仕方ない。

展開が早くて驚きました…結城がいきなりあんなことをやり出すなんて思わなくて…その上、会社ですしね(^▽^;)
突然、いやらしく豹変しました…そんなキャラだったんですね。
松川は努力家で頼りになる上司です。結城にはすごく流されてましたが…。
結城視点の、松川を好きになるきっかけのエピソードもあったので、最初の展開も納得しました。
雰囲気が全く違う「紅目の贄、神の灯」も収録されています。
守り神様をあんな風に閉じ込めて、お役目をする子たちをあんな風に呼ぶなんて、周りの人間が最低でした。
でも、守り神様と灯の関係がとっても良くて、明るい雰囲気で終わったので読後感は良かったです

★★★★

2020年05月01日 (金) | Edit |
そらのだいじな旦那さま
/ 野原 滋




難産の末に母が亡くなったせいで父に疎まれ、双子の姉の身代わりに人質として新興の小国に嫁がされた捨(すて)。しいたげられた生活の中でも捻くれることなく無垢なままに育った捨は、強く優しい夫の高虎に「空良(そら)」という名前を与えられ初めて生きる意味を見つける

そらは領主の父親に捨てられ、名前すら無く過酷な生活をしてきました。
その生活しか知らなかったので、それが不幸だとも思わず、ただ仕事と食糧のことを考える日々でした。
そんなそらは、双子の姉の身代わりとして隼瀬浦という国に嫁ぐことになり…高虎と出会います。
高虎に守られて甘やかされるそらが可愛い(´▽`)
そらは、これまで厩番の夫婦くらいしか、人と接することなく育ってきたので、丁寧な言葉を話せることにはちょっと違和感がありましたが(^▽^;)
魁傑と次郎丸のやり取りも楽しく、ほんわかと温かい気持ちで読了しました。
続編もぜひ読みたいです。

★★★★★