FC2ブログ
2019年06月08日 (土) | Edit |
ビューティフル・サンデー
/ 雪代鞠絵




恭輔は大企業に勤める野心家で傲慢なエリート。専務の娘と婚約し、順風満帆な人生を歩んでいた。出世コースの一端として大阪支社へ二年間の転勤が決まり、東京を離れる前夜、恭輔は婚約者の弟で高校二年の小鳩から突然、恋を告白される。恭輔は適当にあしらおうとするが、偶然小鳩に弱味を知られ、「大阪にいる間限定の恋人」という立場を許す羽目に…

小鳩が健気で一生懸命で泣いてしまいました(T_T)
恭輔の最初の頃の傲慢ぶりは酷いのですが、小鳩もムリやり恋人にしてもらってるしなぁ…
小鳩は謎だらけで、それが気になるのもあり、どんどん読み進んでいきました。そして謎は分かったけれど、不幸すぎて可哀想で…余計に辛くなりました。
でも、小鳩のお姉さんのことも、すっきり解決したし、全てが上手くいって安心しました。
2年後のお話が描かれているのが嬉しかったです。
小鳩がとってもいい子なので、これからは幸せいっぱいになってほしいです。