FC2ブログ
2019年04月05日 (金) | Edit |
たぶんきっと、明日のナズナは
/ 田中森よこた




客もろくに取れず、三日後に処分されるはずだった男娼けもののナズナ。 ある日娼館に一本の電話が入り、最後の飼い主のもとへ引き取られることになる。 今まで道具のようにしか扱われたことがなかったナズナだったが…

ナズナが可愛すぎです(*´▽`*)
子供の頃はもちろん激カワですが、9年後も素直な性格そのままで、とってもかわいい♪
セリはぶっきらぼうで鈍感なんですが、どんな子かも分からない、処分される予定のナズナを買い取ってくれた優しい人です。
ナズナは酷い生活をしていたのですが、娼館の先輩はいい人でした。
セリの弟のコヨイや、ナズナを引き取ろうとしてくれたサカドリなど、所々で優しい人たちが登場するので温かい気持ちになります。
サカドリの想い人は、ナズナの先輩なのかな?詳しく知りたいなぁ。
描き下ろしのパンツのお話、楽しいです♪
変じゃないとか似合ってるとか、思ってないのが面白かった♪ とってもかわいいのにな。
とっても良かったです。「ところで今は何番目でしょうか。」も、大好きな作品だし、田中森さんの他の本もっと読みたいなぁ。