FC2ブログ
2018年01月31日 (水) | Edit |
男子高生まだまだ新婚日記 / 鹿能リコ



シリーズ第2弾です。
今回は結婚式、体育祭のお話がメインです。
馨から堀内くんが離れていき、クラス内ではイジメが…とても頼りになるご学友の高城が居てくれて良かったです。
貴継もステキに解決してくれましたね。
堀内くんの誤解も解けて、クラス内のゴタゴタが落ち着いて安心しました~♪


2018年01月28日 (日) | Edit |
三兄弟、おにいちゃんの恋 / コウキ。



美貌の三兄弟、ラン・ミキ・スー。 それぞれ父親は違うものの、お互いが大好きすぎる 仲良し兄弟。 天使のような見た目の次男・ミキに対し、劣等感を抱いている長男のランは 、 ミキの親友・アイに淡い想いを寄せていた。

すごく良かったです(´▽`)
三兄弟がみんな可愛い!特にお気に入りは長男のランです。
性格が良すぎて、でもちょっと奔放な所もあり…いつも弟たちに優しくて、色々なモノを譲っちゃう。
そんなランのことを弟たちは大好きで…特にミキは度を越えていますが…
この三兄弟がいつもイチャイチャくっついてます。それもまた可愛い♪
ミキのお相手のルイもかわいいし、スーのお相手がまさかの先生!
独特な世界ですごく面白かったなぁ~もっとこの三兄弟見たかった~。
でも電子なので、やたら白抜きがありすぎて、それがとても残念でした。紙本も買おうかしら…。


2018年01月26日 (金) | Edit |
春より早く / あいだ



顔も頭も良く何一つ不自由ない生活をしている高校3年生の春樹は、話したことのないクラスメイトから「思いやりがない」と吐き捨てられる。恥をかかされたと春樹は、彼、石和にやり返そうとむきになる。だが石和は転校生で、詳しいことは誰も知らなかった。

とても良かったです♪
[増補版]では石和とかすみ視点でも書かれているお話があるのが嬉しいです。
かすみが春樹のことを善良で単純と言ってますが、まさしくそうですね。
真面目で素直でプライドが高くて快楽に弱い…泣いたり怒ったり、感情がすぐに顔に出ちゃう春樹のキャラが素晴らしいです。
恵まれた環境で、ナチュラルに人を見下してしまう春樹が、石和に一言だけ言われたのをきっかけに変わっていきます。
2人は全く違う境遇で、性格も全然違います。だからこそ、少しのすれ違いで会えなくなったり、連絡が取れなくなったりするのが、また切ないです。
好きなシーンがたくさんあります。春樹が、かすみと石和を守りたいと言うシーン、友達の榊原が「やめろよ。別に春樹は生まれながらの超天才でもねーんだし」と言うシーン、卒業式の前日、連絡の取れなかった石和が学校を訪れ、春樹が泣き崩れるシーン…。
春樹と石和の日常会話もすごく好きです。とてもステキなお話でした♪

2018年01月25日 (木) | Edit |
最後に好きと言ってやる / 火崎勇



傲慢なトップモデル鳴海の前に、小林と名乗る可愛い男が現れた。ほんの気まぐれからマネージャーに採用すると、小動物系の外見からは予想できない有能さを発揮する。

楽しく読めました~♪
俺様な鳴海と、褒め上手でマネージャーの仕事が完璧な小林。
小林が相手だと、いつでも気分のいい鳴海、そんな2人のやり取りも面白かったです。
2人の気持ちが通じ合ったところで終わってしまったので、その後ももう少し
書いてほしかったなぁ。
あとがきで、2人のその後の想像は書かれてましたけど(^▽^;)


2018年01月24日 (水) | Edit |
やめてください、まぶしいです。
/ 日渡春祈




入学以来、目立つ容姿で人気者となっていた古賀の事が気になっている佐々野。遠くから見ているだけでいいと思っていた矢先、佐々野のバイト先に古賀が来店し、二人は顔見知りに。クラスメイトの杉山や倉田の協力もあり、少しずつ距離を縮める二人だったが……?

まさに青春です。
佐々野も古賀も、とってもいい子で、周りの友達たちも仲良しで偏見もなくていいですね♪
高校生たちの和やかな雰囲気が良かったです。ちょっと怖い女子もいたけど…古賀くん苦労してますね(^▽^;)
登場人物の中では杉山がお気に入りです。顔はかわいいし、性格はあんなんで…とても気になります。清水さんには見た目詐欺と言われていますが…。日比谷との関係がとても気になるので…すでに頭を撫でられてましたね(´▽`)
「やめてください、こいしいです。」こちらを早く読みたいです。

2018年01月23日 (火) | Edit |
男子高生いきなり新婚日記
/ 鹿能リコ




馨くんを嫁にいただきたい―運転手付きのリムジンで突然自宅に現れ、常識外れのプロポーズをした男は、馨がその日受験した高校の保健室の先生、松岡。実は、松岡は大財閥の御曹司でその学園の理事、馨こそが15年間ずっと探していた運命の人だと言う。

他人の目を全く気にしない松岡の、馨に対するラブラブぶりが面白かったです。そんな松岡に馨はすぐにほだされちゃうので、楽しく読めました。
クラスメートの堀内はいつも馨のことを心配してくれる優しい子だし、2歳年上の「ご学友」の高城も登場し、続編も楽しみです。
室井さきさんのイラストがいいです。 電子なのに挿絵があるのが嬉しいです。どのイラストも馨がかわいい♪


2018年01月21日 (日) | Edit |
笑うお葬式 / 野沢直子



事業を手掛けては失敗する父と、成功を信じて疑わない母―。可笑しくて切なくていとおしい。野沢家の人々の激動の日々を真っ直ぐに見据えた渾身の作品。

野沢さんがこんな文章を書くと知らなかったので驚きました。
とても破天荒な父親のお話がメインで、野沢さんの家族の様子が赤裸々に描かれています。
そして、その時々に野沢さんが抱く複雑な心境も正直に書いてあります。
父親に関わる女性達は素敵な人ばかりですね。実際は酷いことをされてるのに、非難すらこともなく、それどころか、みんな父親のことが好きなんて・・。
幅広く深い家族愛が描かれています。


2018年01月18日 (木) | Edit |
緑土なす 黄金の王と杖と灰色狼
/ みやしろちうこ




山奥で野人のように暮らしていた〝足弱″は、生まれて初めて上京した都で、 千年続く王朝の最後の王である今世王レシェイヌの庶子の〝兄上さま″だと発見され、宮殿に保護される。 国土に緑をもたらす奇跡の力を持つ王族は、血族しか愛せない宿命。

ファンタジーですが、すぐに引き込まれ夢中で読んでいました。
ページ数が多いのですが、次から次へと起こる出来事が新鮮で、全く飽きることなくどんどん読めてしまいます。
王の足弱に対する執着が徹底していて驚きの連続です。
王族と灰色狼たちとの関係がまたすごいです。灰色狼たちの王族を全てにおいて最優先する忠誠心の徹底ぶりが清々しく、読んでいて気持ちいいです。
大変な場面で終わってしまいました。続きがとても気になり…すぐに次巻を買いました…早く読みたい!けど、読んでしまうのがもったいない気持ちも…複雑です。

2018年01月17日 (水) | Edit |
異界の王 / 成瀬かの



「おまえの花嫁は、こいつだ」――目を覚ました桜貴は、ダリア国の王・冬宗に花嫁として与えられていた。シンの始祖に、そしてダリアの神に選ばれた二人の行く末は! ?

桜貴が目を覚ました途端いきなり花嫁に…という状況でも、思い悩むこともなく大らかな性格なので楽しく読めました♪
あれほど頑なだった冬宗が変わっていく様子も良かったです。
異世界でも、お世話してくれる従者がいるので、安心して読めましたし、やり取りも面白かったです。
便利な実があるなぁと思ったりもしましたが…ファンタジーですからいいですよね(´▽`)


2018年01月14日 (日) | Edit |
月夜の散歩 / 角田 光代



エッセイ集です。
やっぱり角田さんのエッセイは楽しく読みやすいです。
角田さんの日常は、このエッセイを読む限りは、たくさんの賞を受賞している作家とは思えないくらい普通です。
でも、そんな何気ない日常をこんなに楽しく文章にできるのは、やっぱりスゴイんだなぁと思います。
あとがきで、この連載では重苦しかったリ、何か考えることを強いたりする文章は書くまいと決めたと書いてありましたが、11年間それを貫き続けてるなぁと感心しました。こんな風な気楽なエッセイしか読みたくない時があるので、それを徹底して下さってると助かります。また読みたいです♪