FC2ブログ
2017年05月30日 (火) | Edit |
ちちとこ 4~6巻 / うち子



相変わらず面白いです(´▽`)
6巻まで読んでますが、全く飽きないですね!登場人物、大人も子供もみんな楽しいです。

4巻では、よーさん、将、しんやと真美さんの実家へ里帰りします。
お義父さん、すっごく震えてたな~(´▽`)
そして、真美さんの妹・真奈が初登場します。

5巻では、赤ちゃんの佳くん、初登場です。
高校の文化祭、将の運動会がありました~。

6巻では、しんやの元カノ・実里ちゃん登場します。奇特な方です。
名前入り手作りセーター面白かった~(´▽`)

お話が進むにつれて登場人物も増え、ますます賑やかに楽しくなりますね~♪




2017年05月28日 (日) | Edit |
ばらかもん 13巻 / ヨシノサツキ



あ~面白かった(´▽`)
今回は東京でのお話でした。半田父や母、桐恵さんも登場しました。
お嬢かわいいなぁ~とってもいい子だし!変わりようがスゴイけども…ふくろうも可愛かったなぁ。
動物園での3人がとってもいい感じでした。
半田先生の恋のフラグが楽しかった~こんなん好きです。
神崎くんも面白いし…大根どうなるんだろう?そして島人にあんなにウザがられるとは…!
ラストの半田父の動揺がスゴイ…そして怒りの川藤でした。
島で書道教室…どうなるのでしょう?
次巻、気になります!


2017年05月25日 (木) | Edit |
忘却の月に聞け / 宮緒 葵



佐倉藍生は、病弱の母と離れ、腹違いの兄・久留島青嗣と同居中。幼い頃癇性が強くて両親にも懐かなかった青嗣が、唯一心を許していたのが藍生だったのだ。

青嗣はずっと藍生のことが大好きなのに、不器用すぎてちっとも藍生に伝わってないな…。
藍生も不幸な境遇すぎて、青嗣の言動を良い風には受け取れない様子で…2人の気持ちはずっとすれ違いです。
青嗣が記憶が戻ってからも、藍生に対してベタ甘なのが面白くて可愛かったし、今度こそ藍生を守ろうと頑張ってる様子が良かったです。

2017年05月23日 (火) | Edit |
火花 / 又吉 直樹



お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。

読み始めは、字もぎっしり書いてあり、芸人の世界はよく分からないし理解できないこともあるので少し不安になりましたが、途中から一気に読み進んでいきました。ちょうどよい薄さで良かったです。
この世界は独特で、とてもシュールだと感じました。神谷が特別なのかな?
ラストの神谷には、やはり引いてしまいました。
漫才には関係ないし、お笑いのことを考えすぎてしまって、あんなことになったのかな?
徳永の方は、やりきった感があり、とても真っ当で良かったのですが、神谷の方は借金も心配だし、あんなことをしてしまってその後どうなるんだろうと心配で…。
切なさを感じる終わり方でした。

2017年05月21日 (日) | Edit |
買おうかどうか / 岸本 葉子



お買い物エッセイです。
文章では分かりにくい形の商品には、イラストが描いてあるのが嬉しいです。
慎重によく考えて買っているのに、なぜか失敗してしまう…よくありますよね。実際、使ってみないと分からない物も多いですし…しょうがないですよね…と、我が身を振り返りつつ思います(^▽^;)

インターネットの工事関係のお話…今、自分がその最中なので、他人事ではなかったです。
電話を掛けても、名前やら住所や状況など確認するだけで何故か30分くらいアッという間に時間を取られ、ようやく確認できたら、別の番号に掛けて下さいと言われ、また最初の確認からやり直し…そんなことが何回かあり、もう疲れてます…(ーー;) 
こんなことはきっとよくあることなのでしょう…。岸本さんのインターネットの話がスゴイので、これよりはだいぶマシかも…と思ったりしました。

お買い物エッセイは参考になるし楽しいし大好きです。


2017年05月18日 (木) | Edit |
SEX PISTOLS 1~2巻 / 寿 たらこ



ノリ夫は突然、普通の高校生から「斑類」に目覚めてしまった!そして出会ったのは傲慢きわまりない野獣系の男・斑目国政。動物の魂を持って生まれてくる「斑類」って一体なんなの!? 

なんでしょう、これは…すごく面白いです(´▽`)
今まで、絵があまり好きじゃないかなぁ~と読んでなかったのですが、楽しくて切なくて、読み始めるとすっかり夢中になってしまいました。
そして苦手だと思っていた絵が、全然いいです。のりりん可愛いし!
国政とのりおのお話は面白いです。国政に鬱陶しいと言われ帰ろうとする場面は切ないですが、お気に入りのシーンです。
委員長と米国のお話、好きだなぁ~。委員長がけな気で、謙虚で、優しくて、性格いいのがいいなぁ。
ずっと切ないのですが、二人はずっと両想いなんですよね。素敵だなぁ(´▽`)
次巻を読むのが楽しみです!




2017年05月16日 (火) | Edit |
私立櫻丘学園高等寮 / 橘 紅緒



私立櫻丘学園高等学校で暮らす烏丸旭には、その気になった男を弄ぶという悪い噂があった。そんな、旭の前に端正な容姿と雰囲気から「王子」と呼ばれ、憧憬される寮生・伊達洸貴が現れる。

伊達が、雰囲気も性格も「王子」なのが良かったです。
みんなの前でマフラーを巻いてあげるラブラブのシーンなど、かなりお気に入りです。
旭の「幸せすぎて怖い」という気持ちに、私も怖くなってしまい、続きを読むのに勇気が!
そして2人の気持ちがすれ違ってしまう場面は、胸が苦しくなり泣けました。恋って切ないなぁ。
それにしても、松嶋はなぜ、あんなに旭を敵視するんだろう?三部作なので、全部読めば理解できるのでしょうか?

2017年05月14日 (日) | Edit |
カブキブ! 6 / 榎田ユウリ



最初の会話のある方のプロローグで、また嫌がらせの画策?と、ちょっと読む気が削がれましたが、読み始めるとやっぱり面白くて、夢中で読んでました。
最初の方は、文化祭で上演するのにあまりにも問題が多くて心配になるほどでしたが、一つ一つ解決していくたびにスッキリとした気持ちになりました。

遠見先生の言葉が良かったです。人生の選択肢は基本ふたつしかない。「やる」か「やらない」かの、どっちか。

今回、渡子の内面が垣間見えました。今後ちょっと変わってきたらいいのにな。
演劇部とカブキ部の確執もようやく無くなったのかな?それならいいのですが…。
蛯原とクロが普通に喋ってたのも良かったな~(´▽`)
けれど大変な場面で終わってしまいました。心配…早く続きが読みたいです。


2017年05月10日 (水) | Edit |
あずかりやさん 桐島くんの青春
/ 大山 淳子




良いお話ばかりでした。
ですが、読み終わるととても寂しい気持ちになりました。
桐島くんにはもっと青春してほしかったな、せめて高校は卒業してほしかったな、お母さん会いに行ってあげてほしいなとか、余計なお世話ですが思ってしまいました。
先生も亡くなってしまったし、今の選択はお父さんはどう思ったのかなとか色々考えてしまい、最後は切ない印象ばかりが強く残りました。

それと表紙のイラストですが、オルゴールじゃなくて蓄音機だし、なぜ女の子の赤い靴が?その他もろもろ気になってしまいました。せめてオルゴールは物語に忠実に描いてほしかったな。

2017年05月07日 (日) | Edit |
優しいプライド / 砂原 糖子



病院で目覚めた志上里利は、自分が中学時代の同級生・保高慎二の乗る車に撥ねられたのだと知る。十年ぶりに再会した保高は、その病院の研修医だった。

途中まで、なんて最低な主人公なんだろうとイヤな気持ちで読んでいましたが、ある事情が分かり、怒りもすっかり収まりました。
志上はホントに素直じゃないし不器用なんですね。

書き下ろしの「愛しいプライド」のお話が好きです。
無意識に「虫刺され」を作っているなんて、かわいいですね。そのことに気付いた時の反応もかわいい(´▽`)
不幸な生い立ちで辛い思いばかりしてきたので、幸せになってほしいと願うばかりです。
保高は志上の全てを受け止めてくれる優しい人です。