FC2ブログ
2016年02月09日 (火) | Edit |
スロウハイツの神様 上・下 / 辻村深月



人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ―あの事件から十年。アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。夢を語り、物語を作る。好きなことに没頭し、刺激し合っていた6人。空室だった201号室に、新たな住人がやってくるまでは。

とても良かったです。下巻は怒涛の展開でした!
最後まで読むと、もう一度最初から読みたくなり、二回目はわずかな伏線も見逃すまい、黒木さんのハイパークールさ、こうちゃんの発言と行動など…気になる所が沢山あり、じっくり読むので最初に読んだ時より時間かかったかも(^▽^;)
伏線が沢山あるので、読み返して確認するのが、また面白いです。

コウちゃんが好きです。最終章は胸がじ~んと温かくなりました。
コウちゃんと環に幸あれ。
素晴らしい作品です(´▽`)

辻村さんの作品には読む順番がある…この小説を読んでから知りました。
「ハケンアニメ」を先に読んでしまいました。ほとんど影響はないと思いますが…こうちゃんが出てた場面をもう一度読み返したいです…。
「凍りのくじら」を最初に読むといいそうです。最初に読んでいるのですが、けれど信じられないことに内容を覚えてないのですが…自分のブログを読んでも思い出せず…記憶力が酷すぎてイヤになります…(T_T)
次は「冷たい校舎の時は止まる」を読みます!