FC2ブログ
2015年12月09日 (水) | Edit |
ギリギリ / 原田ひ香



脚本家の卵である健児は、同窓会で夫と死別したばかりの瞳と再会し、彼女のマンションに居候する形で再婚。前夫の不倫相手や母親など、大切なひとを失った彼らの絶妙なバランスのうえに成り立っていた関係の行方は?

脚本家の卵・健児、キャリアウーマンの瞳、瞳の亡くなった元夫の母親・静江、3人がそれぞれ語っていく連作短篇集です。
こんな連作短篇集は特に好きです。
それぞれの気持ちや、考え方が分かって、面白く興味深く引き込まれました。
静江さんが気持ちを切り替えていく様子など良かったです。
ですが、ラストは……そうなっちゃうか~と切なくなりました。