FC2ブログ
2015年11月29日 (日) | Edit |
でーれーガールズ / 原田マハ



佐々岡鮎子は東京から引っ越してきたばかり。無理に「でーれー(すごい)」と方言を連発して同じクラスの武美に馬鹿にされていた。ところが、恋人との恋愛を自ら描いた漫画を偶然、武美に読まれたことから、二人は急速に仲良しに。漫画に夢中になる武美に鮎子はどうしても言えないことがあって…。

なんと全うな青春小説でしょう!
爽やかです。高校の頃のお話はまさに少女マンガのようです。
40代になった現在と、高校一年生だった頃の思い出が交互に進んでいくのが、メリハリがあり読みやすかったです。
岡山弁がいいですね。
原田マハさんは、驚くほど幅広く色々なタイプの小説を書きますね。


2015年11月25日 (水) | Edit |
本屋さんのダイアナ / 柚木麻子



大穴(ダイアナ)という名前、金色に染められたバサバサの髪。自分の全てを否定していた孤独なダイアナに、本の世界と彩子だけが光を与えてくれた。正反対の二人だけど、私たちは一瞬で親友になった。そう、“腹心の友”に――。

柚木さんの文章は本当に読みやすくて、引き込まれます。
ラストまで、楽しく切なく夢中で読んでしまいました。
ダイアナと彩子が、辛い事を乗り越えて成長していく姿が素晴らしいです。
大学生になる前の女の子に、この本を読んでほしいな。こんな男たちに捕まらないように、お酒の席では本当に気をつけてほしいです。心配です。

赤毛のアンシリーズでは「アンの愛情」が一番好きで、よく読み返しているのですが、村岡花子さんの解説まで読み返すことはなかったので、そんな内容だったのだかと読み返してみましたが、私の持ってる文庫本の村岡花子さんの解説にはその文章はありませんでした。残念です。
「アンの愛情」は、ギルバートがアンに振られちゃう場面からの後半が大好きなんです(´▽`)
 
それにしても、お父さんがあんな人だったなんて……現実はそんなものかもしれないな(ーー;)
武田くんには癒されました(´▽`)
腹心の友って、人生の中で一人でも出会えたら、とても幸せですよね。


2015年11月24日 (火) | Edit |
抱かれたい男1位に脅されています。 2 / 桜日梯子



初回限定版があったことに気付かず、普通のを買っちゃいました~(T_T)
痛恨のミスです……久々にやっちゃいました(T_T)
とりあえず、小冊子のことは忘れてしまうことにします(^▽^;)

表題作は1巻より面白かったです。
1巻は、ちょっと展開の速さと、最初の無理やり感に引いてしまったので…。
今回は二人の気持ちが通じ合ってて良かったです。
そして、ブラックチュン太……面白いです。笑いました(´▽`)
高人さんは相変わらず、かわいくて癒されました(´▽`)

「ネトラレトライアングル」…生徒会長さんにもう少し優しくしてあげてほしいな(ーー;)
面白いんですけどね(^▽^;)
今回「迷える神様に愛の手を」が無かったのが残念でした(T_T) もうないのかな…。

とりあえず3巻、楽しみです。


2015年11月23日 (月) | Edit |
抱かれたい男1位に脅されています。 / 桜日梯子



「年下彼氏の恋愛管理癖」がとても良かったので、ついついこちらも買っちゃいました(´▽`)

表題作と「迷える神様に愛の手を」「ネトラレトライアングル」「彼のドSスイッチ」「校舎裏の夏」と五つの話が入っています。
短編が多いので驚きましたが、色んなキャラが登場して面白いです。
とにかく展開が速いです(^▽^;)

「抱かれたい男1位に~」は高人さんがかわいいです。
表題作ですが、こちらも展開早いです(^▽^;)
東谷くん…いきなりって、それは…いくらファンタジーでもちょっと……その上、その後まだしちゃうのですか…ファンタジーでも、そこはもうちょっと気遣ってほしいな…(ーー;)
そんなことが気になって、安心して話に入り込めない感じもありましたが…。

そして短編では「迷える神様に愛の手を」が断トツ気に入りました☆
とりあえず2巻も読みます。って、もう1巻と2巻まとめて買っちゃってるんです~(´▽`)


2015年11月22日 (日) | Edit |
給食のおにいさん 受験 / 遠藤彩見



シリーズ第四弾です。

今回は私立のお嬢さま中学校のホテル給食にささめと毛利さんが関わります。
お嬢様学校の世界に馴染みがないのですが、これを読む限り、こんな学校に通うのはイヤだなぁと思ってしまいました(^▽^;)
ずっと変わらないメンバーというのは、それだけで息苦しいものがあります。
幼稚園から続く一貫教育の閉鎖的な人間関係は大変そうです。

ホテル給食というものがあるんですね。知りませんでした。
こんなに残すなら食材がもったいないし、私立のお嬢様学校でホテル給食なんてする必要あるのかなぁ?と、途中で思ったりもしましたが、給食で色々なモノをみんなと食べることで変わることや、見えるものがあるのかな。

もう少し、入江先生の過去や、望がなぜまたこの学校に戻ってきたのかなど、掘り下げてほしかったなぁと思います。
何となく読み終わった後のすっきり感はなかったのですが、この後も続くからこんな終わり方なのかな?


2015年11月18日 (水) | Edit |
ザ・万字固め / 万城目 学



エッセイ集です。
今回も盛りだくさんでした。

ひょうたんが、そんなに奥深いものだとは知りませんでした。
そしてギリシャのエーゲ海、行ってみたいです。日本では見られない海のブルーを見てみたいです。
食べ物のエッセイもありました。
旅行で静岡県・浜松のウナギを食べた時の、あまりにも美味しくて驚いたことを思い出しました。また食べたいなぁ~。

「2011東京電力株主総会レポート」が興味深かったです。
まさか震災直後の東電の株主総会に万城目さんが行っていたとは、驚きました。
このレポートは、他のエッセイとは雰囲気が違います。

森見登美彦さんが登場します。二人のやり取りに、またクスッと笑ってしまいます。
綿矢りささんも登場して驚きました。みなさん、仲がいいんですね。

戦国武将、とおなげ、歴史的な転換点…たくさん印象に残るエッセイがありました。


2015年11月17日 (火) | Edit |
年下彼氏の恋愛管理癖 2巻 / 桜日梯子



中古ですが、小冊子付を買えて良かったです。2巻が発売されてから、一年半くらい経ってるのでムリかと思いましたが手に入れられて嬉しいです。小冊子は絶対に読みたいですよね。

「年下彼氏の恋愛管理癖」も「お手をどうぞ、王子様」も好きですが、断トツに「君に捧ぐサディスティック」が大好きです!
切ないです。切ないのに、面白い(^▽^;)
響也くん、かわいすぎでしょ。
続きが気になります。
あ~早く3巻が読みたいです。いったい、いつ発売されるのでしょうか?
そして、まさかの林太郎と安生先生…今後どんな関係に?
楽しみです(´▽`)
1巻に引き続き、表紙もステキですね。


2015年11月15日 (日) | Edit |
年下彼氏の恋愛管理癖 / 桜日梯子



BLコミックです☆

前々から気になっていましたが、とうとう買ってしまいました(´▽`)
表題作と「お手をどうぞ、王子サマv」「君に捧ぐサディスティック」の3つのお話が収録されています。
どれも好きです(´▽`)
「年下彼氏の恋愛管理癖」はサトシさんの雰囲気が好きだし、「お手をどうぞ、王子サマv」は王子がキラキラでステキだし、「君に捧ぐサディスティック」は、祐司さんのドSぶりと、響也くんのドМぶりが素晴らしいです。
読み終わって、すぐに2巻をポチっと注文してしまいました(^▽^;)
早く続きを読みたいです!

2015年11月14日 (土) | Edit |
癒し屋キリコの約束 / 森沢明夫



昭和歌謡を流す純喫茶「昭和堂」のオーナー・霧子は、四十路の美しい女性だが、金にはがめつく、性格はだらしない。営業中でも、お気に入りのロッキングチェアに腰掛けて、漫画片手に昼間からビールを飲みながらくつろいでいる。

読みやすくて面白かったです(´▽`)
身近にある様々なやっかいな問題……嫁姑・DV・万引き・ストーカー…そんな問題を、一風変わった霧子さんがどんな風に解決するのか…。
癒されます。そして、読後感がとても良いです。
森沢さんの他の作品も読みたいです。


2015年11月08日 (日) | Edit |
かっこうの親 もずの子ども / 椰月美智子



幼児向け雑誌の編集部で働く、シングルマザーの統子。子どもを保育園に預け、シッターの協力を得ながら、仕事と育児を両立させている。4歳の息子・智康は、元夫・阿川の希望もあり、不妊治療の末に授かった子どもだ。

子育て、ママ友との関係など、とてもリアルで読むのがしんどかったです。
リアルな部分も多いのですが、偶然が重なり続けるシーンがあったりもします。
なんだか色々とありすぎます。
う~ん、読後感は良くないです。
ラストの場面のせいもありますが、なぜかずっと読むのがしんどくて…私には合わなかったようです。