FC2ブログ
2015年07月04日 (土) | Edit |
第三の嘘 / アゴタ クリストフ



「悪童日記」三部作の完結編です。
双子はとうとう55歳になっています。
なんとも、つかみどころのないような展開です。
リュカとクラウス、双子が再会しましたが、このやるせない感じは何なのでしょう……。
なんて、深い孤独と悲しい結末…。
残酷で、救いのない物語です。

2015年07月03日 (金) | Edit |
給食のおにいさん 卒業 / 遠藤彩見



給食のお兄さんシリーズの第三弾・卒業です。
今回は、給食費の滞納問題です。
払う余裕はあるけど、払いたくない…そんな保護者に、きちんと払ってもらうにはどうしたらいいのか……。
給食は子供たちにとって大事なものですし、政策として解決できないものでしょうか?
現場の職員や、保護者が取り立てのようなことまでしなければならないのは大変そうです。
それに、給食費未払いの子供たちが苦しむ姿は辛すぎます。

磯辺さんの言葉が印象的でした。
好きなことだけしていられる人生が幸せなもんか。嫌なことも辛いこともあるけど伸びていけるのが、本当の幸せなんだ。そんな夢は始まりじゃない、終わりだよ

最初は職場に馴染めなかった佐々目さんの成長ぶりに驚くばかりです。
そして、ラストの毛利さんの愛情あふれる推薦状、感動しました。
素晴らしい卒業です。

2015年07月02日 (木) | Edit |
ある日、アヒルバス / 山本幸久



アヒルバス入社五年の観光バスガイド・高松秀子(通称デコ)は、わがままツアー客に振り回されたり、いきなり新人研修の教育係にされたりと忙しい毎日。バスガイドたちの奮闘を東京の車窓風景とともに生き生きと描く。

主人公のデコが明るく、時々羽目を外したりするのが面白くて、読みやすく楽しいです。
デコが新人研修の教育係に抜擢され、本当に大変そう……新人たちも、個性豊かなメンバーです。
新人たちもですが、登場する人たちが、また面白いです。
同期の亜紀、鋼鉄母さん、5歳のカオルくん、バス運転手の小田切など……ユーモアいっぱいです。
デコのオリジナルのガイドがまた面白いです。
こんなガイドさんだったら楽しいだろうなぁ~。
亜紀の革命、成功してほしいです。


2015年07月01日 (水) | Edit |
若と馬鹿犬 / 成瀬かの



BL小説です☆

二十代の若さで鬼哭会の若頭を務める御門には、無口な美貌の護衛・朗が常に付き添っている。だが忠実なはずの朗が聞き分けのない犬のように御門を欲しがり、力ずくで抱いていることは誰も知らない。

とても良かったです(´▽`)
前半は御門視点。後半の「負け犬エレジー」は朗視線で語られています。
「負け犬エレジー」は、もう朗がかわいそうで切なすぎて、胸が痛くなるほどです。泣きます(T_T)
御門に対しての一途さと忠誠心がすごいので、御門の美嗣への優しい態度に傷つき、やつれ痩せ細っていく様は、読んでて苦しくなります。
朗に冷たすぎるんじゃないかと、御門にイラッとします。
御門と朗は会話がなさすぎて、ちっともお互いの気持ちが分からない、このジレンマ……。
この、もどかしさがようやく解消されるラストの場面は大好きです。
スーツやコートが散乱している足の踏み場もない部屋で、スナック菓子の袋を開けようとしている朗…なんか面白いです。
もっと読みたいです。
番外編「僕と兄さんと馬鹿犬」「犬との暮らしは」があるようですが、同人誌なので手に入れるのは難しいですね…残念です。

イラストも素敵でした。