FC2ブログ
2015年05月29日 (金) | Edit |
探偵・日暮旅人の忘れ物 / 山口幸三郎



シリーズ第3弾です。
とても面白くて、充実した内容でした。今回は5編を収録しています。

爆弾魔の憂鬱」では爆弾を製造している朝倉権兵衛が登場します。
爆弾を仕掛けようとしますが、行く先々で灯衣ちゃんと旅人に邪魔される様がユーモラスに描かれています。
灯衣ちゃんと旅人の会話が可笑しくて(*´▽`*)

雪の道」ではユキジの過去、そして旅人との出会い、灯衣ちゃんを預かることになった場面も描かれています。
ユキジと出会う前、旅人はどうやって生きてきたんでしょう?
今でこそユキジに出資してもらって、探偵事務所をしていますが…。

そして「夢のぬくもり」で、なぜ旅人は本名を名乗ってるのかな?と私が常々疑問に思っていたことの理由が分かりました。
復讐するなら、名前を隠していた方がいいんじゃないかなと思っていたのですが、違うんですね。
わざとだったんですね…当時の関係者を釣るため……。
そして、釣られた白石警部……まさか、こんなに早く旅人と白石警部が接触すると思ってなかったので驚きました。
ラスト…すごい場面で終わってしまいました(^▽^;)
次巻がすごく気になります!早く読みたいです。