FC2ブログ
2014年03月12日 (水) | Edit |
しゃばけ / 畠中恵



時代物ですが、とても読みやすいです。殺人事件が次々と起こり物騒ですが、妖怪たちも含めた登場人物がユニークで個性的なので愉快でほのぼのした雰囲気があります。
こんなに主人公(一太郎)が病弱な小説は珍しいですよね。その上、お金持ちで、器量も良くて優しく、両親も、そばにいる佐助や仁吉も一太郎には甘々で…その設定だけで、なんだか面白そうな感じがします(´▽`)

そして、なんといっても柴田ゆうさんのイラストがすごくかわいいです(*´▽`*)
挿画の鳴家(やなり)たちが一太郎に群がっている所や、大福もち?に顔を埋めているイラストはお気に入りです(*´▽`*)

一太郎と幼なじみの栄吉との「どう願ってもかなわないことがある」という会話のシーンは切ないですね。
けれど、それでもその中で自分のやれることをするしかなくて、一太郎と栄吉は頑張ります。
シリーズ物は大好きなのでうれしいです(´▽`) 次回は「ぬしさまへ」です。楽しみです!