FC2ブログ
2014年02月28日 (金) | Edit |
RDGレッドデータガール6 / 荻原 規子



荻原 規子さんの本、好きです(´▽`)
RDGレッドデータガール、六冊完読しました。シリーズ物は本当にうれしいです。
荻原さんの舞台が日本で、現代モノというだけでテンション上がりました!
引っ込み思案の泉水子(いずみこ)と才色兼備な深行(ゆきみ)の組み合わせもすごく良かったです。
二人の関係がもどかして、楽しいですねぇ~。青春ですね~(´▽`)
おもしろかったです~(*´▽`*)
でも、終わり方が途中の気がして、この先どうなるんだろう?もっと読みたい!と思いました。
そしてラストシーン…泉水子に「なんで!(゚Д゚;)」と叫びそうでした(・_・;)
そこは分かってても、深行にちゃんと言葉に出して伝えてもらおうよ!
その場面をまだか、まだかと楽しみに待ち続けていたのに…(T_T) 二人のラブラブ場面を見たかったです(-.-)
もうページがないと分かった時は「えっー!」と叫びました。私だけですか?すいません(ーー;)
物語は、一応区切りはつきましたが、色々と問題山積みで謎もたくさんあるので、ぜひ外伝出してほしいです!
もう一度読み返したいお気に入りの作品です。
アニメにもなりましたね。イラストもかわいくて、とても良かったです。きりのいい場面で終わってましたね!

1.RDG2 レッドデータガール はじめてのお使い
2.RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧
3.RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた
4.RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女
5.RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日
6.RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと
2014年02月27日 (木) | Edit |
きらきらひかる / 江國香織



江國香織さんの本は大好きです。
どんな内容でも、どれもなんだかオシャレなのが不思議です。
余分な文章がなく、スッキリまとまっているからでしょうか。
江國さんの本の中で一番印象的なのは、王道ですがやはり「きらきらひかる」です。

睦月が笑子にこう言います。
「僕は何もしてあげられないんだよ」
「…」
この場面は、切なすぎて心に残りました(T_T)

「きらきらひかる」の10年後が短編集「ぬるい眠り」の中に入っています。
「けいとうの赤 やなぎの緑」です。
もう、これは本当にびっくりしてしまいました(+o+)
まさか、まさか紺が……10年も経てば変化があるのは当然なのですが、分かってはいるのですが……
別世界に感じる物語の中で、そのことに妙にリアルを感じてしまいました(・.・;)


2014年02月26日 (水) | Edit |
海を抱く BAD KIDS / 村山 由佳



高校生たちが主役です。大人でもない、子供でもない特別な年頃ですね。
まじめで成績優秀な副会長の恵理と、誰とでも寝ると噂の超高校級サーファーの光秀。
この組み合わせがいいですね(´▽`)
まったく接点のない二人ですが、恵理が誰にも見られたくない場面を光秀に見られてしまいます。
読みやすいです。
スラスラ読める本は大好きです。
この本の脇役の高校生たちを主人公として描いている「BAD KIDS」もあります。
こちらの方が出版は早いです。ですが、どちらから読んでも大丈夫です。
主役は写真部部長の都とラグビー部の隆之です。この二人がくっつく恋愛話ではなく、それぞれ別に好きな人がいます。
私は、「海を抱く~BAD KIDS」の方が好きです。読み終わった後、スッキリ爽やかな感じがありました。
BAD KIDS」の方が切ないお話でした。読んだ後も、これからどうなるの?と心配してしまい、読んだ後モヤモヤしてしまいました。
内容的にラストはどうしようもできないことは分かるのですが…(ーー;)
私はハッピーエンドが好きなので、どうしても終わり方で、読んだ本の好き嫌いが決まってしまいます(・_・;)


2014年02月25日 (火) | Edit |
悶絶スパイラル / 三浦しをん



エッセイ本です。
しをんさんのエッセイは本当におもしろくて大好きです(*´▽`*)
弟さんとの漫才のような会話やら、その他もろもろな出来事、今回も笑わせてもらいました。
こんなに色々なことを赤裸々に書いてしまって大丈夫なのかな?と心配になるくらいです。
読者の私としては、うれしい限りですが(´▽`)
ホントに、しをんさんのエッセイを初めて読んだ時は衝撃を受けました!

その後、「しゅみじゃないんだ」を読んで、さらに驚きました(・.・;)
ホントにびっくりです(+o+)
しをんさんがBLコミックを次々に紹介するという画期的なエッセイ本だったんです。
ここまでBL好きだったとは、スゴすぎて感心を超えて、もう感動しましたね。
趣味なんて軽いものじゃなかったんですね。
生きることなんだ!そういう意味の題名だったんですね。脱帽しました。
紹介されているマンガは、ほとんど知らなかったのですが、エッセイは面白おかしく読ませていただきました(´▽`)
しをんさんのエッセイを読むと、なんだか勇気が湧きますよね(*´▽`*)


2014年02月24日 (月) | Edit |
非保護者 / 椎崎 夕



BL小説です☆
とってもきれいな表紙で、安心して買えますね~(´▽`)
表紙が露骨なのは色々と困ります(ーー;)
電子書籍よりも紙の本で読みたい私にとっては、とにかく表紙(BL)だけはもう少し何とかしてほしいと常々思います(ーー;)
この本は表紙もいいですが、内容もいいです。
大学生の征とお目付役の瀬尾の気持ちが分かりやすいし、濃厚な場面もないので、BL初心者さんにはお勧めです。
征が瀬尾のことを諦めようと色々準備し始めた場面は、切なくて泣きました(T_T)
瀬尾が素を出し始めるところが楽しいですね(´▽`)
椎崎さんの他の作品も読みたいです!



2014年02月23日 (日) | Edit |
スカーレット・ウィザード③ / 茅田砂胡



シリーズ物で、今3巻を読み終えました。
ジャスミンとケリーは本当に変わった夫婦です(ーー;)
こんな性格の組み合わせありますか?というか、ジャスミンが普通じゃなさすぎるんですよね(・.・;)
ケリーが別の女性とデートするのに、その女性にプレゼントするドレスを手配してあげたりするジャスミンが、やっぱり変わってますよね。
サバサバしすぎです!そこがまたおもしろくて、いいんですけどね(´▽`)
ここまでとびぬけてると、もう笑ってしまいます。
ちなみに、三巻の表紙はジャスミンではありません。ダイアナです。
次巻も、もちろん読みます!
話が途中の場面で終わっていましたし(-.-)それは全然かまわないんですが(´ー`)
ケリーがぶち切れてましたよね…(・・;)
2014年02月22日 (土) | Edit |
青空の卵 / 坂木司



ひきこもり探偵シリーズの第一巻です。
三部作ということなので、全部読みたいです。シリーズ物は大好きです(´▽`)
日常の謎を解く軽い推理小説です。本格ミステリーは好きではないのですが、殺人事件がない推理モノは好きです。
鳥井くんと坂木くんの関係が優しくて切ないですね。
二人がいい感じなので、色恋がないのが逆にしっくりきます。
次回の「子羊の巣」も、もちろん読みます!


2014年02月21日 (金) | Edit |
武士道セブンティーン / 誉田哲也



武士道シックスティーン」の続きです。
性格の全く違う香織と早苗が、それぞれ自分の剣道を模索する青春ものです。
高校生の女の子が主役なのに色恋がないのが寂しいですが、読みやすくておもしろいです。
剣道ってよく分かりませんでしたが、少しは理解できたような気がします。
中高生には特にお勧めです。読書感想文を書くのにも最適ですね。
もちろん大人も楽しめる小説です。
磯山香織のとっても優しいお兄ちゃんが好きです。もっと登場してほしいな(´▽`)
このシリーズは、表紙の色がそれぞれ違って、おしゃれでかわいいデザインです。
次回の「武士道エイティーン」も楽しみです。
2014年02月20日 (木) | Edit |
彩雲国物語 隣の百合は白 / 雪乃紗衣



彩雲国物語、今15冊目です。図書館にある角川ビーンズ文庫を借りています。
表紙に巻の数字がないので、順番が分かりにくいですね。私は、出版された順番に読んでいます。
今回は番外編の短編集でした。
巻が進むほど、おもしろくなっているので早く続きが読みたい!って感じの時の予想外の番外編だったので、最初は少し残念に思っていたのですが(普段は番外編大好きです)読んでおいて良かったです。 
短編の中の「地獄の沙汰も君次第」が紅黎深の話だったからです。そこに小さい頃のすごく素直でかわいい絳攸が出てきます。
それを読むと本編に戻ったときに、今の絳攸の気持ちがより理解できると思います。
より一層、絳攸のことが心配になりました~(ーー;)
そして、紅黎深って結婚してたんですね…(+o+)
百合姫いいですね。黎深にはもったいないような気がします…(-.-)

短編の中に、邵可の過去が分かる「お伽噺のはじまりは」というお話も入ってます。
先代黒狼が、まさか女性だったとは…驚きました(ーー;)
なんだか色々と切ないお話でしたね…。
小さい頃のクロウかわいかった~(´▽`)

次回の本編が楽しみです。さすがに二巻続けて番外編はないですよね?
早く全巻読み終わってしまうのはもったいないので、一冊づつ借りて読んでます(*´▽`*)

彩雲国物語の今まで読んだ題名を下記に書いてます。
上から順番に読みました。
まだまだ続くので、本当に楽しみです(´▽`)
シリーズ物は大好きです(*´▽`*)

彩雲国物語 はじまりの風は紅く
彩雲国物語 黄金の約束
彩雲国物語 花は紫宮に咲く
彩雲国物語 想いは遥かなる茶都へ
彩雲国物語 漆黒の月の宴
彩雲国物語 朱にまじわれば紅
彩雲国物語 欠けゆく白銀の砂時計
彩雲国物語 心は藍よりも深く
彩雲国物語 光降る碧の大地
彩雲国物語 藍より出でて青
彩雲国物語 紅梅は夜に香る
彩雲国物語 緑風は刃のごとく
彩雲国物語 青嵐にゆれる月草
彩雲国物語 白虹は天をめざす
彩雲国物語 隣の百合は白

2014年02月19日 (水) | Edit |
町でうわさの天狗の子 / 岩本ナオ



12巻で完結です。終わってしまいました~(T_T) 
大好きなマンガです。寂しいですね。
なんだか、いきなり終わってしまった感じです。
ラストの100年後のあれこれの展開には驚いてしまいました。
もっと細かく書いてほしい場面があります。特に紅葉ちゃんと栄介くん!今まで、いったい紅葉ちゃんは誰のことが好きなんだろう?バレンタインの時のあの大きいチョコレートは誰にあげたのかな?って、ずっと疑問に思っていました。
気付かなかったのは私だけだったのでしょうか?
なんだか突然、紅葉ちゃんと栄介くんが仲良く話してる場面が出てきて、アレッ?そうなの? と、戸惑ってしまいました。
ここまでの展開が、突然のように感じてしまって、まぁ…でも、うまくまとまって本当に良かったです。
動物の眷属たちが、個性豊かでかわいいのも見所ですね。
そして、瞬くんの一途で健気な様子がずっと切なくて目が離せないです。
ちなみに、金ちゃんの現実にはありえない髪型が少し気になりますね…(ーー;)

岩本ナオさんの「雨無村役場産業課兼観光係」全3巻も、とても大好きなマンガです。都会の大学を卒業し、地元の名所も特産物もないド田舎の役場に就職した銀一郎が頑張ります。スミオのことを思うと切ないですが…。
岩本ナオさんの他の作品も読みたいですね。
ほんわかした田舎が背景のお話、大好きです。