FC2ブログ
2016年09月09日 (金) | Edit |
あの家に暮らす四人の女
/ 三浦しをん




古びた洋館に住む女四人の日常は、今日も豊かでかしましい。

四人の女性たちの、何てことない日常が微笑ましく、飽きずに楽しく読めました。
母・鶴代と子・佐知の会話のシーンが特に面白いです。鶴代のマイペースぶりがスゴイ!山田さんが登場する場面も面白くて、何度もくすっと笑ってしまいます。日常をこんなにユーモアを交えて描けるしをんさんは、やっぱりスゴイです。
なぜ表紙に、不吉な雰囲気で黒い羽が描かれているのだろう?と少し不安な気持ちがありましたが、途中で、急にカラスが登場し納得しました。不吉なものじゃなくて良かったです。だけどカラスや河童については、ファンタジーがない方が良かったのでは?と思ったり、やっぱりあのファンタジーがこの小説の大事な場面だし…と思ったりと複雑な心境です(^▽^;)
でも、何といっても面白かった~(´▽`)
途中からは梶さんとどうなるのだろう?と、そればかり気になってしまいましたがラストでようやく安心しました。
続編出てほしいです。今後の牧田家がどうなるのか、とても気になります。


2016年08月28日 (日) | Edit |
月魚 / 三浦しをん



古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた―。

良かったです。暗くなりすぎず、時にはくすっと笑ってしまう場面もあったり…読みやすいです。
二人の関係を大っぴらに描いていないところが、なんとも良いです。それが、かえって官能的な雰囲気を醸し出してるような…。
透明なようで、しっとりとした物語の雰囲気がとても好きです。
初めて二人が出会った時、腐りかけのトマトを渡すシーンがまたいいですよね。とてもかわいいシーンなのですが、腐りかけっていうのが可笑しくて(´▽`)
二人を見守る幼なじみ達もいい感じです。みんなの高校生の頃の様子も描かれていて楽しかった。
しをんさんは、明るい作品も面白いし、こんなしっとりとした作品も書けるし、素晴らしいなぁ。
もっと、こんなお話を書いてほしいです。


2016年08月07日 (日) | Edit |
桃色トワイライト / 三浦しをん



エッセイ集です。

後半になるにつれて、妄想がすごすぎて、若干ついていけないくらいの勢いでした。さすが、しをんさんです。
なぜ、しをんさんの周りはこんなに面白い人たちばかりなのでしょう…類は友を呼びまくりなのでしょうか。
愉快な仲間たちに囲まれて楽しそう(´▽`)
そして、私生活や妄想を清々しいほど暴露しまくりです。
そのせいか、どれもがとても生き生きとしたエッセイになってます。
ありのままのしをんさんがステキです。
岸本佐和子さんの解説も良かったです。


2015年07月19日 (日) | Edit |
木暮荘物語 / 三浦しをん



世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年、安普請極まりない全六室のぼろアパート・木暮荘。現在の住人は四人で空き室あります。木暮荘に関わる人たちの連作短編集です。

どの話も面白く、引き込まれます。
仄暗い感情や欲望がけっこう赤裸々に語られていますが、なぜかイヤな感じはなく、それぞれの自然な日常…そんな感じがします。
そして、どの話も読後感が良くて、個性的で優しい人柄に温かい気持ちになります。
一見普通の人に見えますが、みんなそれぞれ個性的…現実の世界もそんなんですよね。
世の中には、色んな人がいて、色んな思いや事情があって、それが当たり前なんだなぁと改めて思わされる物語でした。
とても良かったです。




2015年02月27日 (金) | Edit |
仏果を得ず / 三浦しをん



高校の修学旅行で人形浄瑠璃・文楽を観劇した健は、その虜となる。高校卒業後は文楽研修所に通い、その後大夫の人間国宝・銀大夫の弟子となるが、ある日師匠に技芸員から「変わり者」と噂される三味線・兎一郎と組むように言われる。

人形浄瑠璃・文楽というものに全く興味がなかったにもかかわらず、一瞬で引き込まれました。
難しそうな文楽の世界を、こんなに興味深く、初心者にも分かりやすく描くとは、さすがしをんさんです。
文楽のことを何も知らない私でもとても面白く、思わず読んでる途中で、人形浄瑠璃とはどんなものなのかと動画も見てしまいました。

師匠と弟子の関係、兄弟子、師匠の奥さん、色々な人間模様もまた面白いです。
健や、兎一郎、師匠など、皆が舞台の上で全身全霊で文楽に打ち込む姿には心打たれます。

普段、聞き慣れない言葉や漢字などが多いのですが、ふりがなを沢山つけてくれているので助かりました。

楽しみながら伝統芸能の深さを感じ、文楽を知ることのできる素晴らしい小説です。
この作品が何の賞も獲っていないとは驚きです。
お気に入りの作品になりました。(´▽`)