FC2ブログ
2014年08月30日 (土) | Edit |
オチケン探偵の事件簿 / 大倉崇裕



「オチケン」シリーズ第三弾です。
ついに題名に探偵がつきましたね。
いつも事件に巻き込まれてしまう越智くんも、さすがに三冊目となるとかなりしっかりしてきました。相変わらず、先輩の岸や中村に振り回されて勉強も出来ず、おごらされたりと大変な目に合っていますが…。
お話はまだ大学一年の夏休みで、あまり時は経ってないです。

今回は連作短編2話です。
幻の男」では、名門の千条学園が登場し、「高田の馬場」では仲の悪い水泳部と水球部、さらにラグビー部も登場します。
毎回、いろんな部が出てきて面白いです。

越智くんは、いつかは落語をするのでしょうか?
もし、そうなら落語をするところまで読みたいですね。
また、ラストで新たな問題が起こったところで終わりましたが、続きがあるといいですね。

2014年08月21日 (木) | Edit |
オチケン、ピンチ!! / 大倉崇裕



「オチケン」シリーズ第二弾です。

とても読みやすい小説です。
個性的な登場人物たちが沢山出てきます。大学の色んなサークルも出てきて面白いです。
前作の越智くんはもっとオロオロ、オドオドしていたイメージですが、今回は少ししっかりしてきて安心して読めます。相変わらず巻き込まれる形で事件に関わりますが、もう諦めたのかオチケン部員らしさが出てきました。
風変わりで謎なオチケン部員の岸さんと中村さんも、今回の活躍で親しみが湧いてきましたし、盛り上がってきました。

あとがきに、前回からの続編の構想はなく、前作のラストに起こった事件は読者の皆さんが考えてくれればいいと思っていた、と書かれています。
驚きました。読者が自由に考えてほしい……というのは苦手です。なので、ラストの謎からスタートしてくれて、うれしいです。
ですが、今回もラストに事件が起こっているので、次作でその謎が解明されているのか気になるところです。
その事件なら学生部の土屋さんも登場するので、ぜひ解決してほしいです(´▽`)

2014年07月29日 (火) | Edit |
オチケン!/ 大倉 崇裕



大学に入学してすぐ、廃部の危機に瀕したオチケン(落語研究会)に入部するはめになった越智健一。風変わりな二人の先輩・岸と中村に振り回されながら、事件に巻き込まれていく、落語を絡めた日常ミステリーです。

落語に興味がない私でも、面白く読めました。
主人公の越智が落語初心者なので、分かりやすく説明されています。
大学生たちのキャラが、みんなユニークで楽しいです。
部室のない「釣竿会」と「お笑い研究会」と「折り紙の会」が「落研」の部屋を狙っているという、穏やかな内容ですが、みんな必死です。
軽快で読みやすいので、次作の「オチケン、ピンチ!!」も読もうと思います!

落語の小説といえば、佐藤多佳子さんの「しゃべれども しゃべれども」を思い出しました。こちらも面白かったです!