FC2ブログ
2014年10月14日 (火) | Edit |
イーヨくんの結婚生活 / 大山淳子




5人兄弟の夏目家で、長男が亡くなった。通夜にあらわれたのは、誰も会ったことのない妊娠中の女性。女性は長男の婚約者だと言う。

良かったです(´▽`)
登場人物が多く、ほんわかと楽しく読めました。
怪しげな謎の女性・薫と、何でも「いいよ」と言って断らないイーヨくん。
イーヨくんの思考が読めなくて面白かったです。
イーヨくんがよく知らない妊娠中の女性との結婚まで「いいよ」と、簡単に決めてしまったのは驚きました。
不思議な夫婦ですが、ぴったりの組み合わせですね。
イーヨくんの「いやだよ」の一言は、ふわ~っとあたたかい気持ちになりました。

イーヨくんがメインの物語でしたが、もっと他の兄弟のことも詳しく知りたかったです。三男と相手のユウナちゃんの今後など、気になります。
ぜひ続きを書いてほしいです!
相変わらず、大山さんの作品は読後感がとてもいいです(´▽`)



2014年09月27日 (土) | Edit |
猫弁と指輪物語 / 大山淳子



<猫弁シリーズ>第3弾です。

<猫弁シリーズ>大好きです。
主人公の百瀬さんも、婚約者の大福亜子ちゃんにも、とても癒されました。
獣医のまことさんも、ワトソンになりきってきた野呂さん、みんないい人です。
今回、一番印象に残ったのは七重さんの善意です。
「余計なお世話ってわかってますよ。でもね、余計なお世話はたいがい親がやるものです。百瀬先生には親がいないんですから、わたしが代理でね、余計をするんです」
この言葉には、じ~んとしました。
その思いやりで、亜子がとても喜んでいたので、うれしい気持ちでいっぱいになりました。旅行の件では可哀想だったし、靴もいいけど、やっぱり指輪は渡した方がいいのでは…と女性なら思ってしまいますので。

結婚してない野呂さんがはめていた指輪に、こんな想いがあったとは驚きでした。
そして今回、全くの謎だった百瀬さんのお母さんがどんな人柄なのか少し分かりました。

今回も話がうまくまとまっていて感心しました。
そして読後感が爽やかで、幸せな気持ちになります。
次巻も楽しみです(´▽`)

2014年07月11日 (金) | Edit |
猫弁と透明人間 / 大山 淳子



百瀬の法律事務所に“透明人間”から「ぼくはタイハクオウムが心配で、昼も眠れません」というメールが届く。

猫弁シリーズ第2弾です。
一作目と同様に、色々な出来事がありますが、それらがうまく繋がって解決していきます。
きっと百瀬が何とかしてくれるから大丈夫だと、安心して読み進めます。

サチ江が言っていた「あーちゃん」と言っていたのが亜子のことだと分かった時は感動しました。ずっとサチ江の所へ行ってたんですね。
亜子は本当に優しい子で、百瀬のことを理解してくれて、愛してくれる貴重な女性です。亜子と百瀬の関係が、少しずつ進んでいるのが嬉しいです。
優しすぎる沢村透明の今後も気になるので、また登場してほしいです。

次巻も楽しみです(´▽`)

2014年06月18日 (水) | Edit |
猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち
/ 大山 淳子




「近頃、何か面白い本読んだ?」と聞かれれば、真っ先にこの本の名前を挙げます!良かったです(´▽`)
読み終わった時、気持ちが温かくなる作品です。
お気に入りの一冊になりました!

百瀬の人柄が好きです。見た目も中身もステキです。
「地位や金に野心を持たない人間は強敵よ。弱みがないんですもの」
この、秘書の伊藤の言葉が印象に残りました。

そしてサビ猫が登場します。
神の手抜き」…まさしくそうですよね…。
前から、サビ柄の猫を見かけるたびに、なんだか気の毒な気持ちになりましたから…。なので、この物語ですごく可愛がられていたのが、うれしかったです。
「テヌー」という、かわいい名前をつけてもらってましたね。

「猫弁」というタイトルも好きです。
物語を読むまでは、意味がさっぱり分かりませんでしたが…。

大福亜子が物語を面白くしてくれました。
物語に、色恋もあると盛り上がります。私が…(^▽^;)
そして、物語の終わり方も好きです。
まさか、ドアのペンキの色までが意味があったとは、意表をつかれました。
最初から最後まで、よく練られた作品でした。
出来すぎなくらいで、盛りだくさんでした。

続編が何冊かあるので、ホントにうれしいです。
楽しい本に巡り合えました~(´▽`)