FC2ブログ
2015年01月27日 (火) | Edit |
よう知らんけど日記 / 柴崎友香



東京で暮らす著者が大阪弁で綴る日々のあれこれ。最近読んだ小説やハマッたテレビ番組、興奮したライブや展覧会、大阪と東京のカルチャーギャップなど、フツーな小説家の日常を、のんびりした大阪弁で綴ります。

ゆるくて面白いエッセイ集です。
独り言のようなぼやきがいいですね。
気楽に読めるのですが、時々へぇ~と思う情報も散りばめられていて、なかなか楽しいです。
けっこうテレビ見てるんですね。作家さんは、為になるような番組ばかり見てるんだなぁ~と感心しました。
関西に住んでるのと年齢も近いので、分かる分かると共感したりすることも多くて、親近感わきました。
椎名林檎さん…私も見るたびに、あれっ?となってしまうんです。見るたび雰囲気が違ってるような気がして…(^▽^;)
柴崎さん、すごくフランクな感じの人柄なんですね。
また日記の続きが読みたいです!

2014年11月05日 (水) | Edit |
星よりひそかに / 柴崎友香



彼の部屋でラブレターを見つけた女、まだ恋を知らない女子高生、数カ月で離婚したバーテンダー、恋人に会えない人気モデル、元彼の妻のブログを見ている二児の母……恋に戸惑っている、等身大の恋の物語。

短編集です。少し連作になっています。
実際の日常って、こんな感じかな?と思うような…ありがちな、ありがちじゃないモノもありますが、そんな風景を切り取ったようなお話です。
読み終わると、人それぞれ色々な人生があり、それぞれの幸せがあるんだなぁ~と改めて思ったりしました。

その後どうなったんだろう?と、続きが気になる短編もあります。
「雨が止むまで」なんかは特に気になりましたね。
書き下ろしの、この短編は他と雰囲気が違うような…。

表紙のイラストは、くらもちふさこさんです。
男女の立ち位置が、裏表紙は逆なのですが、雰囲気がガラリと変わります。
この本の内容と、すごく合っていてステキです。

2014年05月28日 (水) | Edit |
きょうのできごと / 柴崎友香



大学院に合格して、京都で学生生活を送る事になった正道の、引っ越し祝いに集まった数人の男女。5つの視点で描かれた小さな物語。

柴崎さんのの単行本デビュー作です。
あっという間に読み終わりました。
題名の通り「きょうのできごと」でした。日常を切り取って、物語にしたような作品です。
5人の視点なので、それぞれの物語があるのが面白いです。
会話が全て関西弁で、独特の雰囲気があり、のんびりと力を入れずに読むのがお勧めです。

髪をいいかげんに切られた西山がなんだか気の毒でした。
正道が買い出しに行ってる間の、西山やかわちたちの様子も知りたかったな。
やさぐれていた西山が正気に戻り、かわちがにこにこ顔になるまでに何があったのでしょう?

ただ後から付けた「きょうのできごとのつづきのできごと」の「けいとと真紀のできごと」は、なんだか不自然だったので、ない方がいいのでは?と思ってしまいました。
映画の撮影現場を見に行った小説家のできごと」は良かったです。
こういうのは好きです(´▽`)

映画になってたことは知りませんでした。
最後の方を読んで、表紙をちゃんと見てみれば田中麗奈さんとと妻夫木さんですね(^▽^;)
どうして気付かなかったんでしょう……(・_・;)

以前読んだ、柴崎さんのエッセイ集「よそ見津々」も面白かったです(´▽`)