FC2ブログ
2019年05月22日 (水) | Edit |
囀る鳥は羽ばたかない 2
/ ヨネダコウ




真誠会若頭で真誠興業の社長である矢代は、ドMで変態、そして淫乱だ。 元警察官で付き人兼用心棒の百目鬼は、矢代を綺麗と言ってはばからず、心酔している。だが、矢代が昔から想いを寄せる影山と、その恋人久我の存在を知ると、次第に百目鬼の矢代への想いも変化しそれを自覚していく。

初っ端から、百目鬼が警官の制服で登場して楽しませて頂きました。
とっても良く似合ってて、しばらくその恰好で行動してるのも、その後トラTシャツも面白かった♪
百目鬼の矢代への心酔ぶりが素晴らしく、とにかく何でもいいから矢代の傍に居たいのです。
「頭は優しくて強くて綺麗な人です」と、堂々と語ります。
いつも矢代を見て、矢代のことを考えているので、矢代の気持ちも察することができます。
ヤクザの世界なので、重苦しいお話でもあり、切なさが溢れています。矢代の過去も辛いものでした。
今後、二人の想いはどうなるのでしょう?
1巻から切なく辛いお話だったので、2巻を読むのに気合いが要りましたが、私には次巻も気合いが必要そうです。