FC2ブログ
2016年06月02日 (木) | Edit |
真夜中のパン屋さん 5
午前4時の共犯者
/ 大沼紀子




今回はいつもより本もかなりぶ厚く、内容もとても濃いです。
希実の母・律子と美和子の出会い、二人の過去。そして希実の父は誰か?
ついに希実の出生の秘密が明かされます。
そうだったのかぁ~。
色々なことが複雑に絡まり合って、それでもみんな必死で生きてきたんだなぁ。
読み終わると、誰のことも責めることができなくなる…と言いたいところだけど、やっぱり律子の行動が分からないです…。
だけど、今は希実がみんなに優しく見守られながら、しっかりと生きているから良かった。
美和子さんと希美ちゃんって、ホントに似てたんだね。
そして榊さんいい人だったね。
でも、なぜ隠さなければいけないのかな?それは次巻で明らかにされるのでしょうか?

ラストのパンケーキの場面いいですね。最後にほっこりしました(´▽`*)


2014年04月23日 (水) | Edit |
真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 / 大沼紀子
 


真夜中のパン屋さんシリーズ第4作目です。
図書館で予約していましたが、ようやく順番が回ってきました。うれしいです!

パン屋さん「ブランジェリークレバヤシ」の2階に居候している希実のもとに、従姉妹の沙耶が訪れる。
彼氏と駆け落ちしてきた沙耶は、元彼に命を狙われているので、ここにかくまってほしいと言う。

沙耶は、一緒に暮らしてた頃、希実をいじめてた意地悪な女の子ということだったので、どんな子かな?と、思っていましたが、沙耶もなかなか苦しい環境の中で生き抜いて、ようやく優しい彼氏に出会えました。
実際、こんな優しい王子様のような彼氏は、現実には、なかなか出会えないでしょうが……。

そして今回は、ついに希実が無くしていた、大切な美和子との思い出の記憶を、思い出します!
泣きました(T_T)
辛いことばかりだった、幼い希実の生活の中で、どんなに美和子が大切な存在だったかを想うと……(T_T)
なぜ、美和子が夜中にお店を開けておくことにしたのか、その理由も分かって、余計泣きました(T_T)

希実も沙耶も、苦しい過去があり、とてもシリアスで重いのですが、今の希実の周りには暮林と弘基を中心に優しくて温かい人ばかりなので、安心して読むことができます。
希実はパン屋さんに住むようになって、ずいぶん変わりましたね。
このまま、幸せに過ごしてほしいです。
次巻、楽しみです(´▽`)