FC2ブログ
2019年02月10日 (日) | Edit |
かしこまりました、デスティニー
~Answer~ 上・下 / さちも




高い知性と端麗な容姿で西園寺家の執事を務める宮内。 彼は壮絶な過去により、自身の幸せを考えることが出来なくなっていた。 俺は何も要らないから 大切な人はどうか 幸せになってほしい…久藤の幸せを想い身を引いた宮内だが…

読みながら、泣いたり笑ったり…本当に素晴らしかったです(*´▽`*)
随分前に買っていたのに、大事にしすぎて読むのが遅くなってしまいました(>_<)
電子は白抜きが大きかったので、続巻のこちらも紙で買ったのは大正解でした!
切ないのに、コミカルな雰囲気もあるので、とても楽しく読めます。
あの船上での大事なシーンの裏で、家令の宮藤パパと執事の山崎さんの活躍が…もう二人のよれよれ具合は大爆笑でした(´▽`) 後ろで太郎さん、笑ってるし…頭にグラスのせてるし、すごい笑ってしまった~。
そして、蓮ちゃん可愛すぎ。優一ちゃんも可愛すぎるし♪
幸せそうな宮内が見れて本当に嬉しいです。とってもステキなお話でした。




2018年04月23日 (月) | Edit |
かしこまりました、デスティニー 下
/ さちも




表紙が特にステキです♪
下巻は、執事の久藤と宮内のお話でした。
宮内が意外と大食いで、大胆な食べ方なのが面白かったです。
こちらから紙での購入にしました。やはり電子では白抜きの部分が大きかったのですが、紙の方はほとんど隠されてなかったので満足です。
それにしてもαである久藤には運命の番(つがい)がいるかもなので、βの宮内にしたら不安があると思います。
まだ続きがありそうですね。今後どうなるんだろう?
人見知りでツンデレな宮内が、これから幸せになりますように…。
~Answer~の方も早く読みたいです!


2018年04月20日 (金) | Edit |
かしこまりました、デスティニー 上
/ さちも




彼は父親を亡くしたことを発端に義母との確執により家を追われる。どんな運命にも負けたくない、自分を信じて前に進むーそんな葵を支えるべく、 幼い頃から付き添ってきた執事の宮内は彼の新たな門出へとついていく。

とても良かったです(´▽`)
「運命の番」の次郎を想い続ける、葵の健気さが良いです
今までの生活から一転、文句も泣きごとも言わず、明るく使用人として頑張ります。揺るぎない気持ちと、次郎の幸せを願い身を引こうとする姿が泣けます。
ずっとそばに居続ける宮内がまたステキです。とても切ない立場ですが…。
「かしこまりました」がラストであんな風に使われてるなんて!葵が別人のように変貌する姿がステキでした!
西園寺家の執事長と次郎が、最初区別がつかなくて混乱しましたが、服と髪の色で見分ければいいと分かり、読みやすくなりました。
電子で読んだので、白抜きが大きいのが残念でした…次は紙で買った方がいいかも…。
早く続きが読みたいです!