FC2ブログ
2018年10月01日 (月) | Edit |
また君を好きになる / きたざわ尋子



友原真幸が、傲慢さえも魅力にしていた先輩・嘉威雅将に告白したのは、十五歳の時。お試し感覚でつきあい始めた嘉威は真幸の一途さに甘え、別れてはよりを戻してをくりかえす。嘉威を恋うあまり受け入れてきた真幸だが…。

いきなり嘉威からの無神経な別れから物語が始まり…その別れは今まで何度も繰り返されてきたという衝撃…。
一途で健気な真幸に切なくなります。
その後の無神経な嘉威の態度も、本当に酷いです。
嘉威に気持ちを伝えず、こんな風にさせてしまった真幸も悪いのですが…。
限界を超えた真幸が別れを決意してからは、実家の都合ながらも大学を退学し、遠くに離れ、ばっさりと嘉威を切ります。
そこから嘉威の反省と後悔が始まるのです。ふふふ。
読後感も良く、面白かったです(´▽`)
千倉が主役のスピンオフ「君なんか欲しくない」も読みたいなぁ♪


2014年04月03日 (木) | Edit |
甘くて傲慢 / きたざわ 尋子



またまたBL小説です☆お勧めです(´▽`)

理央はハーフで、見た目は王子様のよう。留学を終えて、講師として大学に赴任したが、所属することになった研究室の主は、傍若無人かつ生活能力皆無の桐原。
呆れながらも、惨状を見過ごせず、ゴミ屋敷のような家を掃除をしたり、ご飯を作ったりと何かと世話を焼くうちに桐原に惹かれていく。


秘密より強引」をまだ読んでいなかったので、この作品がスピンオフとは知らず、冒頭の方で、てっきり理央と奎斗のお話かと思ってしまいました(・_・;)
まるっきりタイプが違いましたね(-.-)

面白かったですぅ。
理央の性格が、読んでいくうちにどんどん好きになっていきました。
言いたいことは言うし、良識はあるし、開けっ広げで、サバサバしていて、行動に移すのは早いし。
すがすがしくて、気持ちよく読めます。
桐原が女と会って帰ってきた所から、盛り上がりますねぇ~(´▽`)
やりたくなければキッチリ断り、無理やりされることもなく殴ってしまうような…面白いです(´▽`)

「桐原研究室の午後」では、学生の能代がピンク色の研究室の様子を語っています(´▽`)
二人の変わりようが激しいですね。これも笑っちゃいました~(´▽`)

神田猫さんのイラストもイメージぴったりでスゴイです!

かわいい奎斗くんのお話「秘密より強引」の方も読みたいですね!
順番、逆になってしまいましたが…(-.-)