FC2ブログ
2018年01月14日 (日) | Edit |
月夜の散歩 / 角田 光代



エッセイ集です。
やっぱり角田さんのエッセイは楽しく読みやすいです。
角田さんの日常は、このエッセイを読む限りは、たくさんの賞を受賞している作家とは思えないくらい普通です。
でも、そんな何気ない日常をこんなに楽しく文章にできるのは、やっぱりスゴイんだなぁと思います。
あとがきで、この連載では重苦しかったリ、何か考えることを強いたりする文章は書くまいと決めたと書いてありましたが、11年間それを貫き続けてるなぁと感心しました。こんな風な気楽なエッセイしか読みたくない時があるので、それを徹底して下さってると助かります。また読みたいです♪


2017年06月25日 (日) | Edit |
トリップ / 角田 光代



普通の人々が平凡に暮らす東京近郊の街。何となくそこに暮らし続ける何者でもないそれらの人々。日常とはズレた奥底、秘密を抱えている小さな不幸と小さな幸福を抱きしめながら生きる人々を描く連作短編小説。

商店街を舞台に、そこに住む人たちが次々と主役になっていきます。
どのお話も短くて読みやすいです。どのお話も、あまり長くは読みたくないかも…そんな内容なので、一つのお話が終わるとホッとするくらいです。
様々な人たちが登場するので、飽きずにどんどん読めました。
そして読み終わってみると、全ての話が悲しくて切ないことに気付きました。
花屋の小学生の男の子の話など、連作短編なので、どこかで救いがあるのでは…と、少し期待をしながら読むけれど、結局救いは無く…思い返してみればどの話も救いがないのです。
それでも、みんな毎日を生きている…そんな作品でした。


2017年05月03日 (水) | Edit |
よなかの散歩 / 角田 光代



エッセイ集です。
角田さんのエッセイは読みやすいし、楽しいので大好きです。
料理好きなのが羨ましいなぁ。
朝食バイキング大好きなのに、あれだけしか食べないとか驚きました。
あれほどの辛さが大丈夫とか、なんかすごいなぁ~。
角田さんのエッセイを読むと、美味しいもの沢山食べたくなります。
そして、角田さんは作家さんなのに毎日きちんと規則正しく生活してるなぁ~と、いつも感心します。


2017年01月22日 (日) | Edit |
世界中で迷子になって / 角田 光代



旅と日常のエッセイ集。

文章がとても読みやすく内容も面白いし、角田さんのエッセイ集が大好きです。内容も濃くて、読み応えもありました。旅の様々なエピソードも面白いし、買い物や日常のお話も興味津々で読ませていただきました。
お母さんのおせち料理のお話は印象に残りました。
「プレゼント苦悩」は共感しまくりです。そう思うのは私だけじゃなくて良かったです。
ホームベーカリー、買い替えようかなと思ったり…。
角田さんは気が小さい所があったり、大胆だったり、とらえどころがなくて、そこがまたユニークで素敵な方ですね。
エッセイ、たくさん書いてほしいです。


2016年08月25日 (木) | Edit |
しあわせのねだん / 角田 光代



生きていれば自然とお金は出ていって、使いすぎればサイフも気持ちもやせるけれど、その全部で私は何を買ったことになるんだろう。角田さんがお金を通して人生の謎に迫るエッセイ集。

30代の角田さんが何にお金を使ったか…それにまつわるエッセイ集です。
角田さんは普段、何にお金を使うのか…それが綴られているだけで興味があります。その上、角田さんの普段の生活も知れて嬉しいです。
こんなエッセイいいですね(´▽`)
人それぞれ何にお金を使っているのか…それって、その人らしさが出ますよね。興味のないことや関係ない事には、大事なお金使わないし…。お金の使い方って、その人の人生が表れているかも。

それにしても小説を書きながら、お昼ごはんの事を考えているなんて、なんて器用なんでしょう。
財布にあまりお金が入ってなくて、足りないことがよくあるって、ちょっと意外でした。角田さんて、すごくしっかりしてそうなイメージだったので…。仕事もきっちりしてる様子だし…そういう意外な面を知ると、親近感が湧きますね(´▽`)
また、こんなエッセイを書いてほしいなぁ。