FC2ブログ
2017年10月25日 (水) | Edit |
黄昏に花が舞う / 樹生かなめ



「黄昏に花」の続編です。
進展なさ過ぎなのが、ちょっとショックでした。
三分の二ほど読んだところで、あまりの進まなさに心配になりましたが…
ようやく岩井が前向きになってくれて、これから先を読みたかったのに…という感じです。
オフィスの個性的な女性陣の話がだいぶ幅を取っていて、2人の恋愛があまり描かれてないように感じたのが本当に残念です。
気の毒な小田原の願いが叶うように、祈るばかりです。


2017年09月29日 (金) | Edit |
黄昏に花 / 樹生かなめ



千代田中央銀行のエリートコースからドロップアウトしたビルカム・チヨダ業務課課長・岩井。特性、不能。そんな岩井の前に、エリートコース邁進中の小田原が現れた。

まさかの枯れた男が主人公とは…新鮮で面白かったです♪
岩井課長は出世コースから外れてすっかり枯れてますが、穏やかで誰にも優しいです。
そして、対照的な小田原の熱心さが楽しく、とても頑張ってるので応援したくなります。
しかし、ついにはぎっくり腰にまでなってしまった岩井課長…どうなるのでしょう?
続きがとても気になりますので、次巻「黄昏に花が舞う」買います!早く読みたいです。


2017年09月10日 (日) | Edit |
酔っぱらったらものにしろ
/ 樹生かなめ




好き、好き、好きだぞ、好きだぞ─と言って、酔っぱらった野々村が抱きついたのは、同期で同じ営業の伍代だった。

野々村のスキスキアピールが可愛い。酔っぱらったふりをする時は大胆でとっても素直。酔ってない時でも可愛いし♪ そんな野々村に伍代はとっても優しい。部屋での至れり尽くせりはいいなぁ~と羨ましいです。料理もできるし、なんて気が利く人なのでしょう。
野々村がホントに酔った時の様子は、樹生さんらしいなぁ~と思ったりしました。あまりの暴れようにちょっと引いたりもしましたが…(^▽^;)
ところで、吉住と矢沢の関係はどうなってるんでしょう?そこらへん、もっと詳しく知りたかったです。
全体的にコミカルで楽しく読ませて頂きました(´▽`)


2014年03月21日 (金) | Edit |
不条理な男 / 樹生かなめ



室生家次期当主の邦衛と庶民の明人は幼なじみ。大学生の二人は一緒に住んでいる。
明人の悩みは、邦衛の自分に対する異常な独占欲。そのくせ、邦衛は所構わず、誰彼かまわず一目ぼれしては、違う誰かとつきあっている。


BL小説ですが、絡みシーンは一つもなかったです(・.・;) 絡むかと思いきや…なぜか殴り合いに…なんで?。
マイペースで非常識な邦衛に、明人はずっと振り回されっぱなしです。
邦衛は誰と付き合っても明人が一番好きだと言い、でも飽きられるのが怖くて明人には手を出さないんです。
勝手な行動の裏には、繊細で傷つきやすいところが見え隠れしています。
そして突拍子もない行動や言動が面白くて、一気に読んでしまいました。
けれど邦衛の母親が不幸せすぎて、痛々しく、心に残ってしまいます(T_T)
一体どうすれば、もう少し幸せになれたのかなぁ?と、ついつい考えてしまいます。

ラストで、明人はようやく邦衛に言いたいことを言えるようになって、回し蹴りまでするようになって(・.・;)良かったのですが、友達の雅紀と立良はアレで良かったのでしょうか(ーー;)
特に雅紀が…面倒な女の子に振り回され、恐くて別れられない状態ですが…(ーー;) 大丈夫でしょうか?
続巻「愛されたがる男」で解決されているのかな?
邦衛と明人の漫才のような言葉のループも、くせになりそうに面白いし、これからのラブラブな様子も見てみたいです(´▽`)