FC2ブログ
2016年07月11日 (月) | Edit |
かくかくしかじか 5巻 / 東村アキコ



日高先生に対する胸の内を、これほど正直に、これほど鮮明にマンガに表すことのできる東村さんのセンスと実力に感心するばかりです。
暗くなりがちな5巻だけれど、笑える箇所もあり、泣いてしまう所もあり、ただただ引き込まれます。
先生に対する感謝と後悔……そしてマンガへの情熱。素晴らしい作品です。
もう一度、1巻から読み返したいです。


2016年07月10日 (日) | Edit |
かくかくしかじか 4巻 / 東村アキコ



とても明るいようで、とても切ない。
読んでいると、その時の東村さんの気持ちがひしひしと伝わり胸が痛くなります。
生きてると、どうしようもないことがあって、葛藤もあって、あの時こうすれば良かったのかもと思うけれど、結局はそうする事しか出来なくて…。きっと、どちらを選んでも何かを後悔したのかも知れないし…そのことを忘れられずに生きていくのも人生なのかもしれない。

先生も東村さんも、自分のしたいことがはっきりしていている。
東村さんのマンガへの情熱とエネルギッシュさに驚きました。
マンガ家になるという自分の夢を叶える為には、どうしたって先生のそばを離れなければならなかったと思うし…。
「絵を描くということ 先生の全て」という東村さんの言葉。
田舎で、安い月謝で、ひたすら美大を目指す生徒たちのことを考えている…そんな先生がいたことを、このマンガで初めて知りました。