FC2ブログ
2014年03月17日 (月) | Edit |
東京バンドワゴン / 小路 幸也



明治創業の東京下町にある、古本屋<東京ワゴン>。堀田家は賑やかな8人の大家族です。

最初に登場人物が一気に出てくるので覚えるのが大変ですが、みんな雰囲気に合っていて覚えやすい名前です。
物語の進行を亡くなったおばあちゃんがしていきます。
途中まではその語り方が読みにくいなぁと思っていたのですが、いつの間にか慣れてしまいました。
次々に問題が起こり、解決していきます。伏線も多く、後になるほど面白くなります。
みんなが、小学生の子供たちも含めて、なんだかしっかりし過ぎていていい人ばかりのせいか、おばあちゃんの語り口調のせいか、感情移入はしにくかったです。
けれど安心して読むことができるので、リラックスしながら読みたい気分の時はいいと思います。
読後感が良かったので、続巻も読みたいです!