FC2ブログ
2015年11月02日 (月) | Edit |
オロロ畑でつかまえて / 荻原 浩



超過疎化にあえぐ日本の秘境・牛穴村が、村おこしのため、倒産寸前の広告代理店と手を組んだ。彼らが計画した「作戦」とは!? 

荻原さんのデビュー作です。
なんだか憎めないような個性的な登場人物が続々と登場します。
ばかげたことを真剣に始めたので驚きました……そして、どうなることやらとハラハラしました(^▽^;)
ドタバタ感がすごいです。
最後は上手く収まって安心しました。
悟と脇坂京子にはビックリですが……上手く収まりすぎ?な感はありますが、楽しい小説です。

続編の「仲良し小鳩組」も読みたいです。