FC2ブログ
2014年12月21日 (日) | Edit |
ボクは坊さん。/ 白川密成



24歳で四国八十八ヶ所霊場第五十七番札所、栄福寺の住職に就任した密成(みっせい)さん。糸井重里さん主宰の「ほぼ日刊イトイ新聞」 に連載していたものを元に作られたエッセイ集です。

お寺に住んでいた白川さんは、子どもの頃から「和尚」と呼ばれていました。
密成さんは、普段から仏教のことを考え続けています。
難しい話も多く、読むのに時間がかかりましたが、高野山大学での話や、お坊さんばかりの野球の話、通販で買ったバリカンの話など、面白い話もあります。

文中で弘法大師の言葉を紹介しています。現代語訳も添えてあります。
たくさん紹介されている中で、印象に残った言葉があります。
人は他人を浄めることができない
どのような友をつくろうとも、どのような人につき合おうとも、やがて人はその友のような人になる。人とともにつき合うというのは、そのようなことなのである
人が人に与える影響の強さについて、考えてしまいました。

人は違う部分よりも、同じ部分のほうがずっと多い
日頃、人それぞれ違うなぁ~と思うことがありますが、確かに同じ部分の方が多いですね。

お坊さんの日常が語られている興味深いエッセイ集でした。