FC2ブログ
2019年10月12日 (土) | Edit |
騎士と誓いの花 / 六青みつみ



戦乱と飢饉によって衰えていくシャルハン皇国で、過酷な生活をおくる奴隷のリィト。そんな彼を救ってくれたのは、端正な容貌の黒衣の騎士・グリファスだった。両親亡き後、誰からも優しくされなかったリィトは、彼の包みこむような気持ちに惹かれていく…


思い返せば王道のお話なのですが、引き込まれて一気に読んでしまいました。
リィトが不憫で健気で泣き虫で…リィトが泣くたびに、切なくて私も泣いてしまいました(T_T)
グリファスが鈍感で、不器用で…旅に出てからの2人のすれ違いが悲しいです。リィトが劣等感を抱き、我慢ばかりしてるのが可哀想で…涙が絶えず…。
グリファスが望んでる、ルスランの身代わりを全うすることに命を懸けて約束を守る姿は、またもや涙が止まらず…。
敵に連れて行かれた時は、とても心配しましたが、酷い扱いを受けてしまい悲しいばかりです。
とにかく、ずっと切ないばかりなので、ハッピーエンドのその後をもう少し読みたかったです。

★★★★★

2019年10月02日 (水) | Edit |
愛なんて叫ぶはずがない
/ 倫敦巴里子




頭脳明晰かつ毒舌で、生徒や教師から恐れられる生徒会長の千歳。そんな千歳の野望は、誰もが羨む完璧な人生を送ること!! 向かうところ敵なしだったが、なぜか後輩の落ちこぼれ柔道部員の信吾に熱烈に懐かれてしまう。


まず、表紙が面白いです。信吾が後ろで無邪気にマネしてるし(´▽`)
コミカルなのですが、シリアスなところもあり…そんな中、天然で天真爛漫な信吾は和みます。
生まれつき虚弱体質の千歳は双子で、身体の丈夫な弟の万里にコンプレックスを持っています。そのせいもあるのか、信吾が万里のことを好きだと、ずっと勘違いしていて…。
信吾の方は、万里に「全力で邪魔するよ」と言われてるし…。
最後の方まで、すれ違いの二人です(^▽^;)
万里がかなりのブラコンでした。心霊写真…笑いました(´▽`)

★★★★★

2019年09月12日 (木) | Edit |
ただれた恋にはいたしません!
/ らくたしょうこ




記念すべき一人暮らし初日。 地方から上京してきた大学生の恭平(きょうへい)は、隣に住むただれた遊び人・高良(たから)と最悪の出会いを果たす。 田舎者だとからかわれ、都会人の高良に苦手意識を募らせていたがある日ひょんなことから部屋に上がることに…

なんといっても田舎者の恭平が可愛い。ねこ柄のパーカーも似合ってる♪
お隣に住んでいる遊び人の高良の弱点はムシで、見かけると悲鳴をあげちゃいます(^▽^;)
2人とも表情豊かで、コミカルで楽しいです。
恭平のお友達・村ちんもいい人で、ほっこりします。
とっても優しいおばあちゃん、長生きしてほしいなぁ。
電子ですが、カバー下の面白い「おまけマンガ」も読めて嬉しいです。
表紙もかわいくてステキでした!

★★★★★

2019年03月27日 (水) | Edit |
こっちむいてよ、イジワル。
/ れもんえんど




女装が趣味の男子高校生・つかさ。その可愛さに学園中の男子から告白され大満足の毎日。でも唯一なびかない桐山を『絶対落としてやる! 』と 猛烈アピールするものの上手くいかない。ところが、スカートの中のボクサーパンツを見られてから事態は急変…


女装も可愛いつかさ君は、みんなのアイドルです。周りのみんなに見守られてる雰囲気も良かった♪
つかさが、素直で明るく表情豊かなので、ずっと楽しく読めます。
桐山は、ほとんど表情がないので、二人は対照的です。
ボクサーパンツを見てから、急に態度が変わった桐山の心境を描いてほしかったな。
これからも二人、ずっと一緒にいられるといいね(´▽`)

2018年12月30日 (日) | Edit |
兄弟ですが、他人です。
/ 倫敦巴里子




官庁に勤めるエリートでイケメンな春輔。一見パーフェクトな男だが、実は血の繋がらない兄・巧弥を溺愛する中二病の超ブラコン!! 親の離婚で離れ離れになっても、ずっと兄を想い続けていた。ある日、貧乏な劇団員の兄と義母が、お金に困っていることを知った春輔は…


表題作が明るくて好きです♪
弟・春輔の、執着系兄さん大好きぶりが面白かったです。
その父も別れた元妻が大好きで、微笑ましかったです。
ちょっとシリアスな所もあったのですが、全体的にコミカルで楽しく読めました。
「鍵のかからない檻」は、仄暗いようなお話でした。
もう少し、はっきりした描写が見たかったなぁ。