FC2ブログ
2021年03月24日 (水) | Edit |
アルファポリス
やらかした兄のせいで平民年上騎士隊長と結婚することになって、死ぬかと思った
/ リコピン


伯爵令嬢でありながら王都から離れた領地に自ら引き込もっていたルアナに、ある報せがもたらされた。次期騎士団長候補だった異父兄(あに)が、王太子の婚約破棄を手助けしたせいで廃嫡(ざまぁ)され、父が責任をとって騎士団長職を退くことになったのだ。ルアナが言い渡されたのは、新しく騎士団長となる第三隊隊長ガリオンを婿にとること。見目麗しく実力もあるが、平民出身で年齢が一回りも上の男との婚姻。降ってわいた事態に、ルアナは歓喜する。

ガリオン至上主義のルアナの言動が徹底していて、素晴らしいです。
ガリオンに成した全ての人やものに感謝し、ガリオンを育ててくれた教会には毎年寄付をし、ガリオンの周りに居る仲間たちにも優しい。
その徹底ぶりが清々しいです。
ガリオンを守るため、政略結婚の話があるまでは、6歳から10年間も都から離れた領地に自ら引き込もっていたほどです。
あまりの重すぎる愛を知られたくなかったルアナですが、その愛を知ってガリオンは喜びます。
「竜の系譜」はスゴイですね。びっくりしましたが、かっこよかったです。
後日談では、ルアナの周りに居る全ての人に嫉妬してしまうガリオンの愚痴が面白かったです。それを聞かされてるアルバン…。
あんなに愛されてるのに、まだ嫉妬しちゃうガリオンかわいい。
最初はルアナに対する使用人や、異父兄の態度に驚きましたが、それらをルアナが全く気にせず、ガリオンの為を基準に行動し続け、周りの反応を覆していくのが爽快でした。
とっても面白かったです。
お気に入りの小説がまた一つ増えました(´▽`)

★★★★★

2021年01月22日 (金) | Edit |
番からはじめていいですか?
/ リトルエヌ




番なのに、なんでセックスしないの? Ωの篠津柊馬には番がいる。 年上で、優しくて、かっこよくて、弁護士としてバリバリ仕事もしている完璧なαの篠津怜。でも、2人がセックスしたのは番になった時の一度きり。 …俺が可哀想だから番にしてくれたの?

「ぼくは道くんのΩになりたい」のスピンオフです。
とても気になっていた組み合わせなので、2人のお話が読めて嬉しいです。
気持ちがすれ違っている2人ですが、怜が親友に柊馬を紹介したのをきっかけに変わっていきます。
今まで、怜の気持ちが分からず、同情で番にしてくれたと思っていた柊馬だったので、お互いの気持ちが通じ合っていく様子はとても良かったです。
過去のトラウマから、自分に自信を持てない柊馬を甘々に甘やかす怜…2人の蜜月が癒されます。
とっても良かったです(´▽`)
★★★★★

2020年09月17日 (木) | Edit |
ぼくは道くんのΩになりたい
/ リトルエヌ




小学生の亮(りょう)には、毎週日曜日に遊んでくれる道(みち)くんという高校生のお友達がいる。 周りのαの人だちとは違い、地味で全然αに見えない道くんだけど亮にとっては特別な存在で…。

良かったです。こんなオメガバースいいですね(´▽`)
道くんと番になりたいからΩになりたい、小学生の亮くん。
αに見えない道くんの、亮くんに対する態度がステキです。
小学生の亮くんの気持ちに真摯に向き合って約束します。
亮くんの家族もみんなそれぞれ個性的で楽しい。亮くんは、道くんのこと何でも家族に相談します。
亮くんが、とにかくずっとかわいい。癒される~。
ラストに数年後も描かれてました。
道くんは主任になってるし、相変わらずαってことは隠してるみたいです(^▽^;)
とっても良かったので、スピンオフの「番からはじめていいですか?」も絶対に読みたいです。あの2人がすごく気になります。

★★★★★

2019年10月12日 (土) | Edit |
騎士と誓いの花 / 六青みつみ



戦乱と飢饉によって衰えていくシャルハン皇国で、過酷な生活をおくる奴隷のリィト。そんな彼を救ってくれたのは、端正な容貌の黒衣の騎士・グリファスだった。両親亡き後、誰からも優しくされなかったリィトは、彼の包みこむような気持ちに惹かれていく…


思い返せば王道のお話なのですが、引き込まれて一気に読んでしまいました。
リィトが不憫で健気で泣き虫で…リィトが泣くたびに、切なくて私も泣いてしまいました(T_T)
グリファスが鈍感で、不器用で…旅に出てからの2人のすれ違いが悲しいです。リィトが劣等感を抱き、我慢ばかりしてるのが可哀想で…涙が絶えず…。
グリファスが望んでる、ルスランの身代わりを全うすることに命を懸けて約束を守る姿は、またもや涙が止まらず…。
敵に連れて行かれた時は、とても心配しましたが、酷い扱いを受けてしまい悲しいばかりです。
とにかく、ずっと切ないばかりなので、ハッピーエンドのその後をもう少し読みたかったです。

★★★★★

2019年10月02日 (水) | Edit |
愛なんて叫ぶはずがない
/ 倫敦巴里子




頭脳明晰かつ毒舌で、生徒や教師から恐れられる生徒会長の千歳。そんな千歳の野望は、誰もが羨む完璧な人生を送ること!! 向かうところ敵なしだったが、なぜか後輩の落ちこぼれ柔道部員の信吾に熱烈に懐かれてしまう。


まず、表紙が面白いです。信吾が後ろで無邪気にマネしてるし(´▽`)
コミカルなのですが、シリアスなところもあり…そんな中、天然で天真爛漫な信吾は和みます。
生まれつき虚弱体質の千歳は双子で、身体の丈夫な弟の万里にコンプレックスを持っています。そのせいもあるのか、信吾が万里のことを好きだと、ずっと勘違いしていて…。
信吾の方は、万里に「全力で邪魔するよ」と言われてるし…。
最後の方まで、すれ違いの二人です(^▽^;)
万里がかなりのブラコンでした。心霊写真…笑いました(´▽`)

★★★★★