FC2ブログ
2015年11月14日 (土) | Edit |
癒し屋キリコの約束 / 森沢明夫



昭和歌謡を流す純喫茶「昭和堂」のオーナー・霧子は、四十路の美しい女性だが、金にはがめつく、性格はだらしない。営業中でも、お気に入りのロッキングチェアに腰掛けて、漫画片手に昼間からビールを飲みながらくつろいでいる。

読みやすくて面白かったです(´▽`)
身近にある様々なやっかいな問題……嫁姑・DV・万引き・ストーカー…そんな問題を、一風変わった霧子さんがどんな風に解決するのか…。
癒されます。そして、読後感がとても良いです。
森沢さんの他の作品も読みたいです。


2014年12月10日 (水) | Edit |
ミーコの宝箱 / 森沢明夫



生まれてすぐに両親に捨てられ、祖父母に育てられたミーコの特技は、毎日「小さな宝物」を見つけること。孤独と不安のなかにも、一縷の希望を探し続けるミーコの半生.。

連作短編集です。
始めに、ソフトSMの女王として働くミーコが語り、その後はミーコと関わる人たち…祖父、小学生の同級生、中学の保健の先生、ボーイフレンド、風俗の店長、娘のチーコが語ります。

お前の目は毎日、小さな宝物を見つけるために有るのだよ
ミーコの手は、ありがとうの手にしなさい。あんたのその手は、他人様からお礼を言われるためにあるんだよ
ミーコのベースにあるのは、いつでも祖父母の「教え」です。
祖母は両親のいないミーコを心配し、自分の息子を甘やかし育てたことを後悔していたので、孫のミーコをとても厳しく育てました。
祖母はミーコに愛情を持っているのですが、それを表に出さず、いつでも怖くて虐待まがいな事をして、ミーコを怖がらせています。
その為、祖母の愛情はミーコに伝わらず、ミーコは家を出てから一度も帰らず、絶縁状態のまま祖父母は亡くなってしまいます。
そのことは、とても残念ですが、大切な娘・チーコがとてもいい子に育って、ミーコが幸せそうだったので、読み終わった後は、温かい気持ちになりました。
印象に残ったのは、小学生の同級生・久美ちゃんのお話です。一人ぼっちだったミーコに友達ができて安心しました。
他人と自分を決して比べないミーコが良かったです。